フォト

MBC Group

Twitter

無料ブログはココログ

日記・コラム・つぶやき

2018年9月20日 (木)

相続税理士50選~日経新聞の広告

一日中、冷たい雨が降り続いています。

急に涼しくなり、暑さの疲れも出る頃なので

体調を崩しやすい気候です。

 

さて、今朝の日経新聞に、『相続税理士50選』という広告が掲載されました。

 

50選、ということは、50もの会計事務所が

広告を出しているわけですから、

一つ一つ読むことはないだろうな、と思いながら…

弊社のスペースが目に留まっていただいて

新しいご縁をいただけますように。。

Img_7438

Img_7439

2018年9月 1日 (土)

蒸し暑い夏の困りもの

蒸し暑い日が多いですが、

この気候のせいか、このところ自宅でいや~な虫が大発生。

現在のマンションに引っ越して8年ほど。

以前、10年住んでいた飯田橋のマンションでは

そんなことはなかったのですが、

現在の広尾ではベランダで植物を育てているせいか、

いつの間にか虫が入り込んだようです。。

 

それは、植物性のものを好物とするらしい、芥子粒程の小さな虫。

タンスにしまった湯たんぽカバーが発生元であることを突き止めましたが

それ以来、毎日、少しずつ、棚から物を降ろしたり、引き出しから物を出し、
他に居場所がないかどうか、チェックと共に、掃除!

幸い、今のところ、他にはいないようですが、この掃除のおかげで

連日、処分する物がたくさん出てきます。

 

こんなマンション暮らしでも結構、物が増えてしまったものだと

反省しながら、一つ一つ片付けていますが

まだまだ続きそうです。

 

さて、オフィスのほうもこの夏は

書類整理や不用品処分の作業がどんどん進んでいます。

もちろん、こちらはスタッフ皆で頑張っているのですが

そのうちできるところからペーパーレスに移行しなければと思っています。

 

あー、爽やかな秋が訪れますように!

Img_7220
本文の内容とは正反対(!)の爽やかな景色は、先週、福岡での仕事の後で立ち寄った、糸島のホテルからの眺め。青い海と空。あえてなるべく手を加えていない自然。爽やかで素敵なところでした…! (※糸島のBbbハウス)

2018年8月31日 (金)

自律神経と対話

先日、ある医師の方の本を読んでいたら

自律神経を整える方法の一つとして、自分と対話することがいいと書いてありました。

 

私は仕事で原点に立ち戻らなければと思う時、

開業間もない頃にお世話になった顧問先の社長さんと心の中で対話をします。

その方は既にこの世にいませんので、対話の相手は正確には私自身なのですが、

第三者だったら、こういうときは何と言うのだろう…と、

たぶん私の頭が勝手に働いて、思いがけないことを話してくれます。

 

時には突き放されたり、励まされたり、でもいつも温かい存在。

それはきっと誰もの心の奥底に存在しているのだろうと思いますが

目の前のことに夢中で周りが見えなかったり、一時の感情に流されると

気づくことができなくなってしまいます。

 

その方との対話の形をとってしまうのは、

創業の頃、(たぶん?)目を輝かせて常に頑張っていた自分の原点の思いに

近づきたいと思うからなのでしょう。

 

あなたが今ここにいたら、どんな言葉を返してくれるのだろうと

自分を客観視するもう一人の自分に励まされ、たぶん自律神経が整い、

冷静な自分に戻ることができるような気がします。

Img_7323

8月も今日が最終日。朝から蒸し暑い日になりました。少しずつ季節は秋へと移ってはいますが、この蒸し暑さは堪えますね。。

2018年8月30日 (木)

女性経営者の感性で

建築関係の仕事をされている、R社長から

信じられないような差別を受けた話を聞きました。

契約寸前に、相手方のトップから

「女性の社長の会社とは取引しない」

と一方的にキャンセルになってしまったそうです。

「実際に仕事をするスタッフは男性なのにね…」

と、理不尽な理由にがっかりされていましたが、

古い業界ならではの差別が他にも残っているそうです。

 

私が会計士になった頃には女性が少なく

関与先からチヤホヤされることも多かったものですが

その反面、先輩から

「女性に監査されたくないという社長もいるんだよ」

と聞き、同じ資格を持っていても差別があることを知りました。

あの頃から30年程も経つのに

いまだに化石のような人がいるのだと、呆れました。

 

でも女性経営者の多くは、そんな化石ども(?)とまともには対峙せず

女性の感性でできるビジネスを考え、形にしています。

古い業界でありながら、きめ細やかで優しい感じのする

新ビジネスがあったら、それは女性が開発に関わったものが多いのでは?

 

R社長も、目下、そんなビジネスを模索中。

彼女らしい新規事業、頑張ってほしい…と、応援しています。

Img_7303
R社長からいただいた、香りのよい蝋でできたオーナメントです。枕元に置いて香りを楽しんでいます。

2018年8月29日 (水)

弁護士の先生方との食事会

昨晩はお世話になっている弁護士の先生方との食事会。

仕事柄、企業法務について弁護士さんと出会う場面も多いのですが

会計士とは仕事の内容、業務の進め方が、まったく異なりますので

いつもプライベートでは大変興味深いお話を伺います。

 

チームで仕事をすることが多い会計士に対して

弁護士は個人ごとに担当を持つことが多いようです。

当然、デスク等のレイアウトの考え方も変わってきます。

監査法人などは最近ではフリーアドレスが主流のようですが

弁護士は固定のデスクが個室やパーティションで区切られて

個々人が集中できるスペースを作る事務所が多いようです。

 

何か問題があったときに、助けに駆けこまれることの多い弁護士。

ストレスの多い仕事だと思います。

 

でも昨日は、ほんのひととき、美味しい食事とワインにお喋りも弾みました。

やはり美味しいものは、人を癒し、楽しい時間を創る力がありますね。

先生方も楽しんでくださっていればいいのですが…

Img_7289

昨晩の食事会は、センチュリーコート丸の内のフレンチレストラン『ロゼット』にて。美しい絵のような前菜の一皿です。

2018年8月28日 (火)

満月の日に

満月の日に、ブログを再開することにしました。

(前回に予告?したような月の満ち欠けでアップすることは難しそうですが…)

 

今日の東京は曇り空。せっかくの満月の日なのに、ちょっと残念な空です。

昨晩はものすごい雷と嵐のように短時間に雨が降ったせいか

少しだけ過ごしやすい気温になりました。

 

満月の思い出で、最も古く、はっきりした記憶は、高校生のとき。

市民会館で行われた音楽祭の受付の手伝いを終えて帰宅する際、

見上げたら大きな月が浮かんでいました。

白く輝く、大きな丸い月。

乾いた空気と(なぜか)砂利の香りの記憶。

「月を見たら肉まんが食べたくなった~!」 … と、友達とはしゃいだ、

元気すぎて、すぐお腹がすいてしまう、そんな高校生でした。

 

その後も、いくつもの美しい月を見てきました。

そして今は、美しい満月を拝める日を楽しみにするようになりました。

私の手帳には、満月と新月の日に丸印がついています。

 

半年ぶりに再開したブログは

月を見上げながら思うことをつれづれに

綴っていきたいと思います。

 

経営者は、リーダーとして会社を牽引する太陽のような存在。

いつも高みに輝き、会社全体を育む存在。

そんな経営者をサポートするコンサルや税務サポートとしての役割は

むしろ月のような存在。

 

太陽の陰になり、そっと寄り添うような存在でもあり

月齢によっては、漆黒の闇の中で行く先を照らす存在にもなる。

そんな月の姿を、私達の仕事に重ねながら

日々、見つめて行くつもりです。

Img_7030
写真はオフィスの私の部屋の窓辺。
ペペロミアの鉢は開業当初から一緒なので、もう20年以上の旧友(?)です。

2018年1月30日 (火)

鶏始乳~七十二最後の季節

【大寒~鶏始乳
春の気配を感じ、鶏が卵を産み始める頃。
大寒の末侯です。そして季節は立春へと移ります。。
(※鶏始乳:にわとりはじめてとやにつく)

Photo
(今朝、ブリックスクエアから見た建設中の東商ビル)

先週、雪が降ってから寒い日が続いてきましたが
昨日はやっと、日中、少し気温が緩みました。
インフルエンザも猛威を振るい、今年はA型、B型、両方が流行っているそうです。

 

心と体の声を聞きながら、自分が行動する「機」を待つ。

楽しくて嬉しい夢を描いて、一日一日を愛おしみ、大切に前へ進むこと。

それが私の今年のテーマです。

 

昨年の立春から日本の七十二の季節に合わせてブログを書き、今日が最終になりました。

暦の上の季節は先取りだったり、まさにその季節の中だったり、

また、都会にいると気づかない季節の変化や

七十二の季節を知って、気付かされることなどあり

とても興味深く、進めることができました。

 

次は、月の暦をたどりながら

日々のブログを書いてみようかと思っています。

月は29日の周期で、新月から上弦、そして満月へ。

満月から下弦、そして新月へと満ち欠けが繰り返されます。

私はもともと、夜空を見上げ、月を眺めるのが好きなので、

この月のリズム~新月、上弦、満月、下弦~のタイミングで更新ができればと思っています。。

 

2018年1月25日 (木)

水沢腹堅~東京の大雪

【大寒~水沢腹堅
沢の水が氷となり、厚く張りつめる頃。
一年で最も低い気温が記録されることも多い時期です。
(※水沢腹堅:さわみずこおりつめる)

Photo

今週の月曜日、関東でも雪が降り、4年ぶりに積もりました。

午後から急に降り出して、しんしんと積もり、

夕方から夜にかけて、雪に弱い都内の交通は大混乱になりました。

 

電車は仕方がないのですが、恐いのは道路です。

東京で雪が降って最も恐いことは、

雪の恐さを知らない人が多いことだと思います。

なので、私は東京で雪になると、恐くてドキドキしてしまいます。

 

雪国で育った私にとっては、

車がノーマルタイヤで道路を走るなんて、信じられないですし

歩道で雪かきをした雪を車道に放り投げる人がいることも驚きです。

普通に歩いて転ぶ人が多く、側を歩くのも巻き込まれそうで恐い。

 

私がそんなことを言うと、夫は「雪に関する私のコメントが厳しい」と言いますが

雪はとても恐いものです。

一人一人が周りに迷惑をかけないように、雪と付き合うことが大切です。

 

大寒次侯の季節は、まさに寒い時期。

自宅マンション敷地内の池にも氷が張りました。

でも、最も寒い時期が、実は春に近いのですね。

もう少しで…立春。

立春から始まったブログ、『七十二の季節に載せて』。

次回は七十二の最後の季節になります。

2018年1月20日 (土)

款冬華~一日一つは。。

【大寒~款冬華
蕗の花が咲き始める頃。寒さは一層、厳しく、凍てつく土の下では、春への準備が着々と進んでいます。(※款冬華:ふきのとうはなさく)

Photo

新しい年の1月も後半に入りました。

一日一日、味わうように過ごしているつもりですが

やはり一日にできる量には限りがあります。

でも焦らないで、一日に一つでいいから、

何か前に進もうと、思っています。

小さな積み重ねですが、そんな気持ちで過ごして

日々反省することが、自分の未来を創るはずだから。

写真は熱海の朝の海です。

2018年1月15日 (月)

雉始雊~熱海梅園の蝋梅

【小寒~雉始雊
雉が鳴き始める頃。雄が雌への求愛のしるしとして甲高い声で鳴きます。
(※雉始雊:きじはじめてなく)

Photo_2


週末、久しぶりに熱海へ出かけました。

熱海梅園では梅がちらほらと咲き始め、

甘い香りに満ちていました。

早くも満開になっているのは、黄色の蝋梅。

溶かした蝋のような透き通った黄色の花がとても美しい。

でもこの木は「梅」と言う名はついているものの

梅の種類ではないそうです。

 

熱海は気温は東京と同じくらい低く、寒い一日でしたが

日差しは春のような強い明るさに満ちていました。

植物は気温よりも、太陽の光の強さで季節の変化を知ると

聞いたことがあります。

来週あたりは早咲きの桜も咲き始めるとか。。

春が待ち遠しいこの頃です。

より以前の記事一覧