フォト

MBC Group

Twitter

無料ブログはココログ

日記・コラム・つぶやき

2017年6月26日 (月)

菖蒲華~オフィスの入り口のサインができました

【夏至~菖蒲華】
 
アヤメの花が咲く頃です。夏に向かってこれからますます暑くなりますが、夏至を過ぎれば冬に向かって少しずつ日照時間が短くなっていきます。

(※菖蒲華:あやめはなさく)

Photo

昨日、オフィスの入り口のサインが出来上がりました。

MBCの紺色のロゴの中に、赤色のMACのロゴが加わりました。

コーポレートカラーの意味はクライアントを真心でサポートする誠意を象徴する濃い紅色です。

今回も、MBCと同様、レイストーンのデザイナーの石原さんにデザインをしていただきました。
素敵なデザインに相応しい企業になれるよう、日々努力します。

 

丸の内監査法人(MAC:Marunouchi Audit Corporation)が

いよいよスタートします!

2017年6月21日 (水)

乃東枯~丸の内監査法人設立記念(社内)食事会

【夏至~乃東枯】
 
夏至なのに枯れるなんて…という季節名ですが、これは冬至の頃に芽を出した『靫草(うつぼぐさ)』が枯れていく頃、という意味で、夏の花が開花する時期に、枯れていく花に思いを寄せた優しさを感じる言葉です。
今日は夏至で昼間の時間が最も長い日ですが、南半球では冬至だそうです。
夏至の夕暮れを楽しみたいものですが、東京はあいにくの大雨。梅雨真只中です。
(※乃東枯:なつかれくさかるる)

Mac

一昨日は社内で『丸の内監査法人』設立記念パーティをしました。
一人一人が公認会計士としての社会的使命感を持ち、
新たなスタートを喜んでいることが伝わり、とても嬉しいひとときでした。

 

MBCグループに監査法人が加わることにより、
大きな可能性が増えたことを感じています。

より一層、気持ちを引き締めて、業務に邁進していきたいと思います。

 

さて、エントランスのサイン工事は25日(日)に、
挨拶状は来週早々にはお客様に届く予定です。

 

2017年6月11日 (日)

腐草為蛍~梅雨入りしました

【芒種~腐草為蛍】
蛍が灯りをともし、飛び交う頃。昔の人は、腐った草が蛍に生まれ変わると信じたそうです。
(※腐草為蛍:ふそうほたるとなる)

Photo

東京も梅雨入りしました。蒸しているのに、どこか肌寒かったり、気温の調節が難しい。
どうも私は梅雨の季節が一番苦手のようです。数年前まではこの季節に原因不明の不調に悩まされていました。そのせいか、先週は今一つの体調だったのですが、今日はそんな梅雨空をかき消す様な素敵な舞台を見る機会がありました。

その舞台は、約3週間のうち休日はわずか2日、一日に2回の公演があります。演技はもちろんのこと、自分の精神面も体調も、生活面もすべて管理して、その一瞬の演技に賭けていることに圧倒されます。さらには、そんな大変な仕事をされているのに、常に周囲への優しい心遣いを忘れることのない人柄の美しさに、ただただ感動してしまいます。

少しでも見習って、真摯に全てに向き合わなければ。
もっと自分を鍛えなければ。
そんな元気と勇気をいただいた、日曜の午後でした。

写真は、今日、その素敵な方の楽屋へお持ちしたアレンジメントです。

2017年6月 5日 (月)

蟷螂生~丸の内監査法人を設立しました

芒種~蟷螂生】

芒種とは、稲など穂が出る植物の種を蒔く頃です。その初侯は『蟷螂生』。カマキリが生れる頃です。カマキリは農作物につく害虫を捕まえる、人間にとっては有難い虫です。子供の頃、虫の中ではカマキリも好きでした。怒らせないように捕まえようと試みるのですが、いつも怒らせて威嚇されてしまうのが残念でした。卵から孵化したばかりの幼虫を目撃したこともあります。小さくても同じ形をしていて、とても可愛いですね。 (※蟷螂生:かまきりしょうず)

 

Photo

61日に、監査法人を設立しました。

『税理士法人丸の内ビジネスコンサルティング』、経営コンサルティングの『株式会社丸の内ビジネスコンサルティング』、『須永公認会計士事務所』の3つの企業体をもつMBCグループに、新たに『丸の内監査法人』(MAC)が加わることになりました。

 

23年前に大手監査法人を退職して会計事務所を開業して以来、中堅・中小企業を主とした会計、監査、税務、コンサルティングなど、あらゆる業務に携わってきましたが、昨今の会計監査への社会的ニーズの高まり、そして学校法人、社会福祉法人、医療法人など、公益企業への監査の拡がりに対応するために、公認会計士資格を有するスタッフを役員として、監査法人を設立することを決めました。

役員はじめメンバー全員、中堅・中小企業の税務、会計に精通し、特有の経営事情に普段から接する機会が多きので、大手監査法人とは異なり、諸事情を勘案した上で、効率的かつ公正な監査を目指すことが可能であることが強みです。

 

今後はこのような柔軟で機動的な監査法人へのニーズがますます高まっていくものと確信しておりますので、よりいっそう、品質体制を強固なものにして、高品質な会計監査を、より多くの企業に提供できるよう、監査法人として成長し続けたいと思っています。

 

事務作業が後手になり、挨拶状は今月中旬頃の発送を予定しているのですが、思いがけず、先日、お客様からお祝いの花が届きました。感激です。
この気持ちを忘れずに、しっかりと前進していきたいと思います。

 

2017年5月31日 (水)

麦秋至~先週末はベテラン女子会(?)

【小満~麦秋至】
麦が金色の穂をつける頃です。麦にとっては秋なので、麦秋などと言われます。緑濃い季節に、麦畑だけが、黄金色の収穫の季節を迎えます。
(※麦秋至:むぎのときいたる)

 

Photo

このところ、ベテラン女子会(?)が続いています。

先週末は埼玉県の女性経営者の会のOG会でした。

 

23年前、私は浦和市(現・さいたま市)で開業して間もなく

埼玉県商工労働部が主宰していた女性経営者の会に入会しました。

しかし、浦和に事務所を構えていたのは開業から5年程。

その後、東京に移転したので、退会してしまいました。

 

しばらく疎遠になっていたのですが、3年程前、先輩会員の一人から

OG会のお誘いをいただき、それ以来、毎年OG会が開催され

徐々に参加者も増えて、第4回となる今年は、なんと17名も集まりました。

ほとんどが私の親の世代なので、リタイアしている方が大半です。

 

一番年上のYさんは88歳。

会の創業メンバーの一人で会長を長く務められました。

お隣に座らせていただいたのですが、

次から次へと流れる軽やかなおしゃべりはまるで女子学生のようです。

頭の回転が素晴らしく、話しながらも笑顔が絶えず、輝いています。

Yさんは昔から会員皆の憧れで、その存在感は今も衰えることがなく

私もその方の魅力に改めて感動しました。

 

すっかり変わってしまった浦和駅を歩きながら

23年前のいろいろな出来事を少しだけ思い出した

ひとときでした。

(※写真は会場になったお店のエントランスに置かれていた

浦和のマスコットキャラクター、コバトンです。)

2017年5月26日 (金)

紅花栄~ランチ女子会(?)

【小満~紅花栄】
小満の次侯は、紅花の咲く頃です。以前、初夏に山形へ出かけたとき、運よく満開の紅花の畑を見ることができました。紅花は古代エジプト時代から染料として利用されていたそうですが、国産のものは稀少と伺いました。 

(※紅花栄:べにばなさかう)

Photo

先日、女性経営者の大先輩方とランチ会をしました。

なぜか数年前から年に23回ほど

定期的にお会いしている6名の会です。

元々は東京商工会議所で知り合った方々なので

十数年来の知り合いですが、現在はリタイアされた方もいらして

ランチ会がお会いする唯一の機会になっています。

先輩方からいろいろなことを学びながら

ご縁を大切にし続けたいと思います。

 

写真は会場に選んだ銀座のシェ・トモの前菜とメインの間の一皿。

無農薬野菜30種類がパレットのように美しく並べられ

思わず歓声が上がりました。

2017年5月16日 (火)

竹笙生~心を整える書

【立夏~竹笙生】
筍が土の表面から顔を出す頃。
あれ?もうとっくに筍は伸びてしまったのでは…と思いましたが、種類によって収穫期が異なり、3月から6月まで筍の収穫ができるそうです。
(※竹笙生:たけのこしょうず)

Photo

オフィスの机の引き出しの奥から、懐かしい書類が出てきました。

創業間もない頃に、私が書いた手紙のコピーです。

当時は名刺交換していただいた方や、お世話になった方に

必ずお礼状を送っていました。

そしてその手紙は封をする前にコピーをとって保管していました。

 

心をこめて、一文字一文字書いたことが、よく伝わるものばかりでした。

20年経つといつのまにか文字も変わっていることに気づきました。

 

手紙をきっかけに、お電話をいただいたこともありました。

当時でさえ、手書きの手紙は珍しくなりつつあったのです。

 

今は気軽にメール、メッセンジャー、LINEなどで連絡することが殆どです。

でもそのせいか、あまり記憶に残らなくなったのも事実です。

文字を書く機会がほんとうに少なくなりました。

 

弊社のお客様に、そんな文字を書く大切さを伝え、広めている方がいらっしゃいます。
社長はもともとはIT関係のお仕事をされていたのですが、
そんな方だからこそ、手書きのよさ、大切さを伝えることに説得力があります。

文字を書くことは、心を整えることになるのだそうです。

確かに。。。
先日、久しぶりに手紙を書いたら、なんだか心がとても落ち着きました。

また、テレビ化され、今、NHKで放映されているドラマ、『ツバキ文具店』。

代書屋の若い女性と、依頼者たちの人生を描いているストーリーで、

家事をしながら何気なく見ていたら、面白くて引きこまれてしまいました。

見た後に、手紙が書きたくなるドラマです。

20年前とは異なる意味で…
自分の心のために手紙を書きたいと
思うこの頃です。

2017年5月10日 (水)

蚯蚓出~監査法人の設立準備をすすめています

【立夏~蚯蚓出】
冬眠していたみみずが活動を始める頃。他の生物は「啓蟄」の頃に出てきますが、みみずは少し遅れてこの時期に活動を始めるのだそうです。
(※蚯蚓出:みみずいづる)

 

いつの間にか新緑は濃い緑色になり

モクモクと膨らむように木々の葉が繁っています。

自宅ベランダで、春先から次々に花を咲かせているビオラも満開が続いています。

先日、花柄を摘んでいたら、間違えて茎を折ってしまいました。

小さな花瓶に活けて部屋に置いたら結構、長く咲いて、

蕾も開いて可愛い花を咲かせてくれました。

Fullsizerender

6月に設立する監査法人のロゴが決まりそうです。

いつもデザインをお願いしているレイストーンの石原さんに今回も作っていただきましたが、法人のイメージ、方向性を表現した素敵なロゴになりました。

石原さんの素晴らしいセンスで、丁寧に、緻密な計算を基に作っていただいたロゴにパワーを感じています。
実は必要に迫られて設立することになった監査法人ですが、昨今の社会的ニーズに応え、貢献できるよう、より体制を充実させなければという思いを強くしています。

2017年5月 5日 (金)

蛙始鳴~繁忙期のGW、そして盛岡の桜

立夏~蛙始鳴】
春先に冬眠から目覚めた蛙が、元気よく鳴きだす頃。
水を張った田んぼで蛙の合唱がうるさく聞こえる頃、夏の訪れです。
(※蛙始鳴:かわずはじめてなく)

 

なんと今日から季節は夏。立夏です。

朝から真青な空が広がり、立夏らしいお天気になりました。

 

今年のゴールデンウィークはお天気に恵まれ、

Facebook等の投稿写真も晴天のもと、美しい花々や

楽しいイベントのものが多く、出かけずに

写真で楽しませていただいています。

 

3月決算法人が多い日本では、会計事務所は一年で一番の繁忙期。

スタッフ全員、連休なしで業務をしています。

Fullsizerender_morioka_2
写真は先週末、盛岡へ行ったときのもの。
お客様の会社の敷地には大きな桜の木が数本、ありますが
その頃、ちょうど満開を迎えていました。
満開の桜の枝越しに遠く見える岩手山。
桜も梅も水仙もチューリップも菜の花も…
いろいろな種類の花々が一斉に咲きだす北国では
春を迎える喜びに満ち溢れているように見えました。

 

2017年4月30日 (日)

牡丹華~ジュラシックツリー10周年

【穀雨~牡丹華】
牡丹が開花し始める頃。
華やかで夏の訪れが近いことを感じる花です。
牡丹華は穀雨の末侯。春の最後の季節です。
(※牡丹華:ぼたんはなさく)

Photo

2億年を越えて存在する希少な樹木、『ジュラシックツリー』を育て始めて、

先日、415日で丸10年になりました。

この木は、1994年にオーストラリアのウォレマイ国立公園で発見された100本の樹木から穂木を採取し、クィーンズランド州森林局の農場で増殖されたうちの一つです。

絶滅危惧植物の保護のために苗木を輸出したそうですが、

10年前、その一鉢をクィーンズランド州政府からいただき、大切に育てています。

 

湿気と寒さを嫌うため、日本では生育が難しいとのことだったので

水やりと温度管理には特に気を遣ってきました。

植え替えをしていないせいか、高さも10年前とあまり変わりません。

小さな鉢で窮屈そうでかわいそうなのですが、

土壌も特殊なもののようなので、

どのように植え替えをしたらいいものか悩ましいです。。

より以前の記事一覧

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30