フォト

MBC Group

Twitter

無料ブログはココログ

旅行・地域

2017年10月23日 (月)

霜始降~十勝の紅葉

【霜降~霜始降】
 
朝夕にぐっと冷え込み、霜が初めて降りる頃。秋が日一日と深まっています。
(※霜始降:しもはじめてふる)

2017

週末は北日本銀行東京支店の研修旅行で帯広~十勝へ出かけました。

先週は東京も12月並みの気温になったり、寒かったので

北海道でも、それほど大きな気温差を感じませんでした。

帯広市街もすっかり秋が深まり、街路樹は紅葉していました。

写真は帯広市内の真鍋庭園で撮ったものです。(4枚です)

 

お天気は今一つだったのですが

移動のバスの窓から眺める景色が

とにかく広くて、

ずっと遠くまで続く畑も 針葉樹の森も

ゆったり優しく心が解き放たれるような

素敵な景色ばかりでした。

  

このところ少し疲れていたので…

なんだか身に沁みました。

 

 

 

2017年10月 8日 (日)

鴻雁来~マレーシア研修

【寒露~鴻雁来
雁が北から渡ってくる頃。
秋が深まり、露が冷たく感じられてくる季節です。
(※鴻雁来:こうがんきたる)

Photo

毎年、この時期に行われる、公認会計士協会千代田会の海外研修ツアー。

今年は107日(土)からマレーシアのクアラルンプールへ出かけました。

日本では「寒露」になったのに、マレーシアは真夏。

四季のないマレーシアは、年中30℃平均で、夜も7時半頃まで明るいのだそうです。

 

初めてのマレーシア。空港から外に出たとき、甘いココナッツの香りの風が迎えてくれました。

クアラルンプール中心部までは空港からバスで一時間程。高層ビルが建ち並び、あちこちに建設中のクレーンもあり、勢いが感じられました。ただ、舗装されているのにデコボコの道でいきなり大きな段差があったり、足元にはよく気を付けて歩かなければなりません。

 

マレーシア会計士協会で、マレーシアの会計士の制度や現状等を伺い、国際的ネットワークを持つ大手会計事務所2社で、現地の会計監査と、税務についての講義を受けました。

プレゼンしてくださった半数以上の方が女性で、会計士の業界において、ごく普通に女性が活躍していることを感じました。

日本では会計士の女性の割合がまだ20%程度なのですが、マレーシアでは53%が女性だそうです。会計士協会のCEOも女性の方で、ご挨拶の中で、学生時代に習ったという日本の歌を日本語で歌ってくださいました。とても場が和み、素敵な時間になりました。

 

また、今回訪問した3か所のオフィスがどこも新しく立派なビルに入っていて、受付はまるでホテルかエステサロンのような美しさで、ワークスペースもスタイリッシュで、ある会計事務所には、スカイデッキにプールとジムの設備まであり、驚きました。

 

マレーシアでは、誰もが何かの宗教を選ばなければならないそうです。

中でもイスラム教が最も多く、国の宗教になっています。

イスラム教のモスク、ヒンドゥー教や仏教の寺院など、街のあちこちにありましたが

特にイスラム様式の装飾は美しく、もう少し時間があれば美術館も訪れてみたかったです。。

 

食事も、マレー料理、中華料理、肉骨茶料理(バクテー)、インド料理、思っていた以上に美味しく、手軽な料金でいただくことができました。

とても短い滞在だったので、あっという間に時間が過ぎてしまいましたが、

いつかまた訪れる機会があったら、美しいモスクなどの建造物を見たり

元気に活躍する地元の女性達と、もう少しお話してみたいと思いました。

 

 

2017年9月12日 (火)

鶺鴒鳴~青森視察に行ってきました。

【白露~鶺鴒鳴】
鶺鴒が鳴きはじめる頃。鶺鴒は普段あまり見かけない鳥ですが、水辺に生息し、川の上流で多く見かける鳥だそうです。
(※鶺鴒鳴:せきれいなく)

 

先週、東京商工会議所千代田支部会員交流委員会の視察で青森へ出かけました。

新幹線で東京から新青森までは3時間程。今では日帰り圏内になっています。

 

青森商工会議所を訪ねて、地元の経済状況などを伺い、

市内の西田酒造、北洋硝子の工場等を見学させていただきました、

 

青森県は通り過ぎたことはありますが、滞在したのは初めてです。

三方が海に囲まれている青森県は、海産物が豊かな地方。

やはり新鮮なホタテやヒラメは、とても美味しかったです。

また、市場で買った毛豆の美味しかったこと。

こんなに大粒の枝豆は初めて見ました。

 

東北といっても、隣の岩手や秋田とは違う個性がありますね。

機会を作ってもう少しあちこち訪ねて青森の魅力を感じたいと、思いました。

Img_3460
写真は宿泊したホテルの窓から見た夕陽です。

2017年3月20日 (月)

雀始巣~サンフランシスコに来ています

春分~雀始巣】
太陽が真東から昇り、真西に沈む、春分。
昼と夜が同じ長さになる春分は、大きな節目のひとつです。

春分の日を中日に、前後3日を含めた7日間がお彼岸です。
先祖の霊を供養する仏事が行われる日ですが、日本では古来この頃に農事始の神祭をしていたため、仏事とは関係のない行事も多いそうです。

春分の初侯は、雀始巣。雀が枯草や毛を集め、巣を作り始める季節です。
暑さ寒さも彼岸までといいますが、やっと暖かくなる、本格的な春の始まりですね。
(※雀始巣:すずめはじめてすくう)

Img_1409

Img_1422

日本M&Aセンターの理事会員の会議に出席するために

サンフランシスコに来ています。

一昨日の夕方に成田を発ち、昨日の昼前に到着。

思ったよりも寒くて、少し困っています。。

 

今日は朝からびっしり会場のホテルで会議でした。

午後はシリコンバレーの現状について、ジェトロサンフランシスコの方や

シリコンバレーで活躍する日本人起業家の方々から、

シリコンバレーの現状についての講演がありました。

 

サンフランシスコはアメリカの中でもメキシコやアジア圏からの移民の多い都市です。

そこには、多様性を認め、自由を愛する精神が育まれていて、

言語や年齢、経験の壁を越え、起業しやすい風土があるように思います。

明日は、そのシリコンバレーを視察して、その空気を肌で感じてきます。

 

写真は昨日、サンフランシスコに到着し、ホテルにチェックインする前に立ち寄ったゴールデンゲートブリッジと山の上から眺めたサンフランシスコの街です。

2017年3月15日 (水)

菜虫化蝶~春近い白馬へ

【啓蟄~菜虫化蝶】
冬を越したさなぎが羽化し、蝶になる頃。
昔の人は、蝶のことを「夢虫」や「夢見鳥」と呼んだそうです。
やわらかな春の光に蝶が舞うイメージはなんだか幻想的なものも感じます。
(※菜虫化蝶:なむしちょうとかす)

 

今日は所得税確定申告の提出期限。

このところ、冬に逆戻りしたような気候が続いています。

Img_1308

週末は長野県白馬村へ出かけました。

リゾートホテルを経営するオーストラリア人のお客様を訪問しました。

白馬はスキーリゾートとしてオーストラリアからの観光客の割合が高いですが

お客様のホテルは、スタッフのほとんどがオーストラリア人。

ホテルの中に入ると、和風に作られた内装や雰囲気もすっかりオージーです。

 

オーストラリアの猛暑から逃れて真冬の白馬で長期間過ごす人も多いようです。

のんびり、大らかなホリデーを満喫するゲスト達ですが

裏方のスタッフたちは日々大奮闘。

3月中旬には今シーズンの営業を終了し、全体の掃除をして

月末にオーナー夫妻はオーストラリアへ帰国します。

 

まだ雪深いですが、良いお天気に恵まれた週末は
すっかり春を思わせる明るさに満ちていました。

2017年2月18日 (土)

土脉潤起~沖縄に来ています

【雨水~土脉潤起 
雨水は雪が暖かな春の雨に変わり、雪を融かす頃だそうです。
とはいっても、まだ寒く、雪深い土地もあります。
春を期待する気持ちを込めているのかもしれません。
(※
土脉潤起:つちのしょううるおいおこる)
                        

沖縄に来ています。

昨日は日中、24度くらいまで上がったようです。

沖縄でも2月にこんな暑いのは初めてだと、

地元のタクシーの運転手さんが話していました。

 

そして、雨水の始まりに相応しく(?)、潤いの雨も降りました。

しとしと降る雨の中、心なしか、鳥たちのさえずりが、ホッとしているような声に聞こえました。

暖かな季節へ変わり始めていることに、一番敏感なのは動物達だと思います。

Img_1087_3

さて、大好きな西麻布のイタリアンのお店が、来月イベントを開くそうですが

早春の野菜がテーマです。

冬は動物や植物の成長が止まりますが

人間も同様で、代謝機能が弱まり、脂肪や毒素、老廃物を体にため込んでしまうのだそうです。

そういえば昨年末辺りから体重が減らないのは、季節のせい?

…と(他人?のせいにしたら)少し気が楽になりましたが。。ダイエットは春に始めよう♪

 

そのイベントは、そんな体を目覚めさせるために、

苦みや香りのよい早春の野菜を使ったメニューを提案するものだそうです。

筍、タラの芽、ウド、アスパラなど、・・・特有の苦みは大好きな早春の味わいです。

 

昨日、春一番が吹いた東京。まだまだ寒い日はありますが、春はもうすぐです。

早春の野菜を楽しみながら、体調を整えていきたいと思っています。

 

2017年2月13日 (月)

魚上氷~月の光の中で

【立春~魚上氷】
暖かさで池や湖の氷が割れ、魚が飛び跳ねる頃。
東京では氷が張ること自体、珍しいですが、
長い冬、厚く張っていた氷が溶けて
魚たちの動きも活発になる様子が感じられますね。
(※魚上氷: うおこおりをいずる)

 

週末は熱海・伊豆山へ出かけました。

前日から西日本を中心に降り続いた雪の影響で

東名高速や箱根等の交通規制があったため

東京から熱海へ向かう道路も大渋滞になり、

普段の倍ほどの時間…なんと4時間もかかりました。

 

市内で食事をしてからホテルの部屋に戻りベランダに出ると

明るい大きな月と、月の光に照らされた海が見えました。

あまりの美しさに寒さも忘れてしばらく眺めていました。

東京と違い、空にはたくさんの星も瞬いていました。

 

波の音が大きく聞こえ、

とても心が落ち着く場所です。

たぶん生まれて初めて聞いた音の一つに

この波の音があり、

初めて見た景色の一つに

この海もあったのでしょう。

 

生まれた土地というのは

懐かしい感じがするものですね。

老後はここに住んで

波の音を聞きながら生を終えるのかな、と

なんだかそんな気がした

月の夜でした。

Img_0935

 

2017年2月 8日 (水)

黄鶯睍睆~名古屋出張で

【立春~黄鶯睍睆
春の到来を告げる鶯が鳴き始める頃。
鶯の声は、東京ではなかなか難しいですが
それでもなんとなく、空気の匂いや陽射しの色が、変わってきたことを感じる頃です。
(※黄鶯睍睆:こうおうけんかんす)

 

名古屋出張があったので、日曜日に少し足を延ばして

岐阜県高山市、そして下呂温泉へ行ってきました。

岐阜県に行ったのは初めてです。

 

電車の窓からずっと雪景色が見え、

雪はどんどん深くなります。

子供時代を過ごした岩手の冬を思い出しました。

Img_0863_1

 

いつまでも降りやまない雪は

恐くなるほど静かで 子供の頃は

音まで吸い込んでしまうように思えました。

そんなことはしばらく忘れていたのですが

3色刷りのようなシンプルな雪景色を眺めながら

ぼんやり思い出していました。

 

さて、名古屋では、私が社外監査役をしているドラッグストアの

東海支社を訪問しました。

関東地方では今年、スギ花粉などが例年より少ないという予報ですが

東海から西では、例年の3倍ほどの量になる予報だそうです。

今後の花粉症関連の薬や雑貨の売上が気になるところですが

私個人としては(花粉症なので)

なんだか複雑な気持ちです。。

 

 

2016年8月 8日 (月)

猛暑の岩手でした!

金曜の夜に移動して、この週末は岩手で過ごしました。

土曜日はお客様のオフィスへ。

東北は夏祭り週間です。岩手北上でも、みちのく芸能祭の開催中でした。

 

岩手では、朝晩は涼しかったものの、日中は猛暑でした!

叔母が採りたての野菜を持ってきてくれました。

太陽の光をたっぷり浴びた、ピカピカに輝く野菜たち。

切ったばかりのトマトの茎からは爽やかなトマト水の香りもします。

畑で赤くなったトマトは瑞々しく、甘くて最高に美味しい!

この季節だけのご馳走です。

Img_8829

2016年6月23日 (木)

岩手出張と雨

岩手のクライアントの株主総会に会社法監査の会計監査人として出席しました。

雨が降り続き、肌寒いくらいです。

空を見上げ、残念なお天気だと思いましたが

ふと近くの植物達を見ると

なんだか嬉しそうに見えました。

雨粒をいっぱいに受けて、こんなに美しく輝いていました。

623

 

Fullsizerender2

 

Fullsizerender3_2







 

より以前の記事一覧