グルメ・クッキング

2016年6月17日 (金)

一足早い完熟トマトの季節

先週、白馬に行ったとき、長野の道の駅で、新鮮な野菜を見つけ、おもわず買った完熟トマト。

あまりにも甘くて美味しくて、ああ、もっと買って来ればよかった…と思いました。

 

こんなに赤いトマトは畑の中で熟したもの。

夏になると岩手から送られてくる、夏だけの完熟トマトです。

先週末、一足早く長野で出会い、夏を感じる幸せな食卓となりました。

Photo_2

1個目はパエリア風アサリの炊き込みご飯と一緒に。

2個目は夏のスキヤキに(写真)。

写真の鮮やかな色のバジルは、割り下を入れて煮込み始めたらさっと色が変わってしまいました。

少し唐辛子を入れてオリーブオイルで炒めた玉ねぎと牛肉、トマトを煮込む、あっさりいただく夏の味です。
トマトも玉ねぎもとろけるようでとても美味しい…もちろん、ワインもとても進みます。

 

| | コメント (0)

2015年11月 1日 (日)

ようやくパンらしいパンが焼けました

今日は、まだ真っ暗な早朝に起きて、テーブルロールとレーズンパンを焼きました。

ずっと自己流で作っていたので、生地の丸め方やガスの抜き方など、いつもいい加減なことが気になっていましたが、先日、作る過程の写真をたくさん載せている本を買い、いろいろな疑問が解消。早速試してみたくて、今日は早朝に飛び起きて実行しました。

また、今までは国産小麦だから膨らみにくいのかと思っていましたが、上手くガス抜きができると、ふっくら膨らむこともわかりました。

今回も北海道産の強力粉と全粒粉、天然酵母、カルピスバターを使いました。

水の代わりに自家製ヨーグルトを牛乳で溶いて入れています。

見た目が美しい上に、ふわふわ美味しく出来上がって嬉しい朝になりました。

Img_5691

香りのいい日曜の朝。パンが焼きあがるころには朝の日差しが明るく差し込んでいました。

やっとパンらしいパンが焼きあがって満足したら、眠くなってきました。。

明日の仕事のため、今日の午後は岩手へ移動するので、新幹線の車中でお昼寝します。

| | コメント (0)

2015年10月20日 (火)

ベーグルを作りました

最近、気に入っているのが、天然酵母。

以前はドライイーストを使っていましたが、一度、天然酵母で作ったらその香りと味に、すっかりはまってしまいました。

天然酵母の生種を起こすのに24時間かかり、その種は冷蔵で一週間しか持ちませんが、それでも美味しい天然酵母の味を知ってしまうと、手間を惜しむ気になりません。

 

ホームベーカリーに入れっぱなしで出来上がる簡単な食パンの他に、時間があるときには、成形パンも作りますが、ベーグルパンを作りたくなって、初めて作ってみました。

普通のパンと異なるのは、発酵後に軽く茹でてから焼くことと、材料にバターは入れず、オリーブオイルを入れたこと。

 

ドーナツ状になるように中央に穴をあけたのですが、焼いている途中に穴がふさがって、出来上がりは「おへそベーグル」になってしまいました。

 

北海道産小麦『春よ恋』、十勝の全粒粉、黒ゴマ、黒大豆、黒砂糖パウダー、オリーブオイル、と、材料を厳選して作ったオリジナルベーグル。

モチモチでしっとり、美味しかったです。

 

忙しいときこそ、美味しいものをいただくと、元気になり、幸せな気持ちになります。

また、パンを作る過程は、いい気分転換にもなります。

天然酵母の香りの良さに魅了されてパン作りに励む日々はまだ続きそうです。

Img_5562

 

 

| | コメント (0)

2015年10月 4日 (日)

気持ちのいい日曜日

日差しは強く、汗ばむほどでしたが

爽やかな気持ちのいい秋晴れになりました。

午後はテーブルコーディネーターのいなくみさんの『花がたみサロン』に参加しました。

憧れのいなくみさんから、心温まる素敵なおもてなしについて学びました。

今日のメニューは、鱸とシイタケのカルパッチョ、サンマの香草焼きナス付け合せ、栗のピラフ、そして栗のマドレーヌheart04

丁寧に作られたどのお料理も美味しく、幸せなひとときでした。

さて、明日からまた新しい一週間が始まります。

たくさんの元気をいただいたので、頑張れそうです!

Photo


Photo_2


Photo_3

heartテーブルコーディネーター、猪名川さん(いなくみさん)のブログはこちらです  

 ⇒ http://hanagatami.moe-nifty.com/



 

| | コメント (2)

2015年10月 3日 (土)

大きなポルチーニ

伊勢丹のイタリア展で、大きくてカサのきれいな生ポルチーニを見つけたので、玉子2個を落としてステーキにしていただきました。

今年のイタリア展のポルチーニは、とても大きくてビックリです。

夕食にフランチャコルタと一緒にゆっくりベランダでいただきました。

今夜は風もなく穏やかで、ベランダで過ごすのが気持ちのいい時間でした。

少しずつ秋が深まっていきますね。。

103_3


103_2



103

| | コメント (0)

2014年11月 7日 (金)

新米と土鍋

食いしん坊な私が、日本人であることを実感するのが新米の季節。

今年はついにAKOMEYAオリジナルの炊飯用の土鍋を買ってしまいました!

迷いに迷ったのですが、火加減調整がいらない特別な鍋とのことで、決めました。

中蓋があることがポイントだそうです。

Photo

毎年、新米は鍋で炊くのを楽しみにしているのですが、毎回心配なのが火加減です。

その心配がいらないのですから、とても魅力的。

しかも、一番小さな1.5合用がコンパクトでかわいらしく、置き場所に困らないのも嬉しいです。

 

昨夜はそれで早速新米を炊きました。10分炊飯、10分蒸らす…それだけなのに、ふっくら、つやつやの美味しいご飯ができあがりました。

京都の『やよい』のおじゃこを載せて、いただきました。ほんとうに幸せな味わいでした。

 

Photo_2

Photo_3

 

| | コメント (0)

2014年10月11日 (土)

軽井沢のユカワタン

ずっと行ってみたいと思っていた軽井沢ブレストンコートにある、ユカワタンで食事をしました。

随分前から予約して、やっとの実現です。

地元の食材を使い、ユニークで遊び心満載の楽しいフレンチでした。
素材や味付けは和の要素が多いのですが、料理法はフレンチとのこと。

Photo

長野県ですから、地元の食材となると、魚はすべて川魚。私は、幻の魚とも呼ばれる、イトウのグリルを選びました。パリッと焼いた皮から、レア状態の身と、火の通し方が絶妙。
また、地元産の野菜をふんだんに使った付け合せは彩がとても美しく、絵のようです。

独創的でありながら、それぞれの素材の力を引き出す料理はさすがだと思いました。

地鶏のグリルも、噛みごたえのある地鶏を塩糀でマリネしてから焼いているので、決して硬くないのですが、噛む毎に旨味が増します。
地鶏だからこその美味しさを味わいました。
         

Photo_2

パンにつける豆腐のディップも美味しくて、パンも食べ過ぎました。昆布を敷いた水で一晩つけた豆腐をよく水切りし、それをクリームチーズと塩糀でミキサーにかけて作るそうです。このディップは自宅でさっそく真似してみたいです!

 

デザートの次の小さなお菓子では、なんと森の鳥の木箱が登場。

扉を開くと、小さなお菓子がたくさん!森のお菓子屋さんが現れました。

もうずいぶんたくさんいただいたので、とても食べられませんでしたが、とても楽しい演出でした。

 

Photo_3

(上の写真は、デザートのシャインマスカットとヨーグルトムース。葉と蔓の部分は飴細工だそうです)

 

 

楽しく、美味しく、驚きの連続のひと時でした。
久しぶりに食べ過ぎました。明日は軽井沢の森を歩き回り、食事を控えます。。

| | コメント (0)

2014年10月 8日 (水)

いちじくジャム

先日、両親が上京した時、大量のいちじくを持ってきてくれました。

叔母の自宅のいちじくが豊作とのことで、今年はたくさんいただいています。

小粒ですが、とろけるような甘さです。

ただ、あまり日保ちがしないので、生でいただく分を少し残して、ジャムを作りました。

Photo_2

私は普段、ジャムを圧力鍋で作るのですが、

今年になって鍋の調子が悪くなり、半分くらいは煮込むことになりました。

鍋の保証書を見たら2007年に買ったもので、10年保証になっていたので、近々、相談してみるつもりです。

 

 

| | コメント (0)

2014年10月 5日 (日)

野菜企画に参加して

今月もシニア野菜ソムリエ佐藤さんのイベントに参加しました。

今回のテーマは『初秋の加賀野菜を鮮やかなフレンチで楽しむ』です。

会場は初台にあるカジュアルなフレンチレストラン、アニスです。

Photo

台風が接近している影響で朝から大雨の中、

加賀野菜の生産者さんの思い、畑の様子などのお話を聞きながら

清水シェフのおいしいお料理をランチコースで楽しみました。

 

来年は北陸新幹線が開通して、東京と金沢が2時間半でつながります。

全国商工会議所女性会連合会の総会も、来年の会場は金沢が予定されています。

出かけやすくなって、きっと行く機会が増えそうな予感がします♪

 

また、加賀野菜ではありませんが、岐阜県で開発されたベビーパーシモン。

かわいらしい、ミニトマト大の柿です。皮ごと食べられて、種もありません。
カリカリ、美味しくいただきました。

Photo_2

Photo_3

上の写真は加賀野菜。右上の大きな葉物は金時草。葉の表面の色が、金時芋に似た美しい赤紫色をしています。とろりとした独特の風味があります。その下は、加賀れんこん、中央下は加賀太きゅうり。外観はズッキーニのようで、ずっしり重いきゅうりです。

| | コメント (2)

2014年9月23日 (火)

マツタケと出汁

今日は思いがけずマツタケをいただいたので、夕食は、急きょ、マツタケ尽くしとなりました。

岩手産のマツタケは今が最盛期なのだそうです。

___1

先日、いなくみさんの『はながたみサロン』で、昆布出汁の旨味研究のお話を伺ったので、試してみました。水から入れた利尻昆布を60℃に維持して1時間、じっくり煮た後で、血合いなしのマグロ節(鰹ではなく、今日はマグロにしました)を入れて引いた出汁は最高の味わいでした。

塩味もいらないくらい、そのままでゴクゴク飲みたい美味しさ。感動でした。

その金色に輝く出汁を使ってマツタケのお吸い物を作りました。

Photo

そして屋外用カセットコンロ(風よけがついています)でマツタケを軽く焼いて、スダチをしぼっていただきます。豆アジの開きも。

先日、実家から届いた里芋で煮ものを作り、つくねも焼いて、

それから・・・マツタケご飯。

Photo_2

休日なのであれもこれもしたかったのですが、ほとんどキッチンで過ごしました。

秋は美味しいものがたくさんあって嬉しいですが、食べ過ぎには要注意です。

1キロ体重が減ってからは、それ以上減らなくなりました。。

(こんなに食べていたら無理でしょう、と言われそう。。)

明日から岩手なので、またマツタケに会えるかも…

 

 

 

 

| | コメント (2)

より以前の記事一覧