フォト

MBC Group

Twitter

無料ブログはココログ

« 2017年12月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年1月

2018年1月30日 (火)

鶏始乳~七十二最後の季節

【大寒~鶏始乳
春の気配を感じ、鶏が卵を産み始める頃。
大寒の末侯です。そして季節は立春へと移ります。。
(※鶏始乳:にわとりはじめてとやにつく)

Photo
(今朝、ブリックスクエアから見た建設中の東商ビル)

先週、雪が降ってから寒い日が続いてきましたが
昨日はやっと、日中、少し気温が緩みました。
インフルエンザも猛威を振るい、今年はA型、B型、両方が流行っているそうです。

 

心と体の声を聞きながら、自分が行動する「機」を待つ。

楽しくて嬉しい夢を描いて、一日一日を愛おしみ、大切に前へ進むこと。

それが私の今年のテーマです。

 

昨年の立春から日本の七十二の季節に合わせてブログを書き、今日が最終になりました。

暦の上の季節は先取りだったり、まさにその季節の中だったり、

また、都会にいると気づかない季節の変化や

七十二の季節を知って、気付かされることなどあり

とても興味深く、進めることができました。

 

次は、月の暦をたどりながら

日々のブログを書いてみようかと思っています。

月は29日の周期で、新月から上弦、そして満月へ。

満月から下弦、そして新月へと満ち欠けが繰り返されます。

私はもともと、夜空を見上げ、月を眺めるのが好きなので、

この月のリズム~新月、上弦、満月、下弦~のタイミングで更新ができればと思っています。。

 

2018年1月25日 (木)

水沢腹堅~東京の大雪

【大寒~水沢腹堅
沢の水が氷となり、厚く張りつめる頃。
一年で最も低い気温が記録されることも多い時期です。
(※水沢腹堅:さわみずこおりつめる)

Photo

今週の月曜日、関東でも雪が降り、4年ぶりに積もりました。

午後から急に降り出して、しんしんと積もり、

夕方から夜にかけて、雪に弱い都内の交通は大混乱になりました。

 

電車は仕方がないのですが、恐いのは道路です。

東京で雪が降って最も恐いことは、

雪の恐さを知らない人が多いことだと思います。

なので、私は東京で雪になると、恐くてドキドキしてしまいます。

 

雪国で育った私にとっては、

車がノーマルタイヤで道路を走るなんて、信じられないですし

歩道で雪かきをした雪を車道に放り投げる人がいることも驚きです。

普通に歩いて転ぶ人が多く、側を歩くのも巻き込まれそうで恐い。

 

私がそんなことを言うと、夫は「雪に関する私のコメントが厳しい」と言いますが

雪はとても恐いものです。

一人一人が周りに迷惑をかけないように、雪と付き合うことが大切です。

 

大寒次侯の季節は、まさに寒い時期。

自宅マンション敷地内の池にも氷が張りました。

でも、最も寒い時期が、実は春に近いのですね。

もう少しで…立春。

立春から始まったブログ、『七十二の季節に載せて』。

次回は七十二の最後の季節になります。

2018年1月20日 (土)

款冬華~一日一つは。。

【大寒~款冬華
蕗の花が咲き始める頃。寒さは一層、厳しく、凍てつく土の下では、春への準備が着々と進んでいます。(※款冬華:ふきのとうはなさく)

Photo

新しい年の1月も後半に入りました。

一日一日、味わうように過ごしているつもりですが

やはり一日にできる量には限りがあります。

でも焦らないで、一日に一つでいいから、

何か前に進もうと、思っています。

小さな積み重ねですが、そんな気持ちで過ごして

日々反省することが、自分の未来を創るはずだから。

写真は熱海の朝の海です。

2018年1月15日 (月)

雉始雊~熱海梅園の蝋梅

【小寒~雉始雊
雉が鳴き始める頃。雄が雌への求愛のしるしとして甲高い声で鳴きます。
(※雉始雊:きじはじめてなく)

Photo_2


週末、久しぶりに熱海へ出かけました。

熱海梅園では梅がちらほらと咲き始め、

甘い香りに満ちていました。

早くも満開になっているのは、黄色の蝋梅。

溶かした蝋のような透き通った黄色の花がとても美しい。

でもこの木は「梅」と言う名はついているものの

梅の種類ではないそうです。

 

熱海は気温は東京と同じくらい低く、寒い一日でしたが

日差しは春のような強い明るさに満ちていました。

植物は気温よりも、太陽の光の強さで季節の変化を知ると

聞いたことがあります。

来週あたりは早咲きの桜も咲き始めるとか。。

春が待ち遠しいこの頃です。

2018年1月10日 (水)

水泉動~春の兆し

【小寒~水泉動】
地中で凍った泉の水が溶け、動き始める頃。寒さは増していますが、目に見えないところで、春に向けて少しずつ動き始めています。
(※水泉動:しみずあたたかをふくむ)

 

街中は、今週からいよいよ2018年のビジネスも本格的にスタートした雰囲気です。

昨日は季節外れの陽気になり、日中は4月上旬の気温だったようです。

外に出ると、温かな空気と柔らかな日差しに、つい顔も緩んでしまう…

このまま春になればいいのに、しかも花粉も飛散せずに…

そんな穏やかな夢のようなお天気でした。

 

出会いもあれば、別れもある。

すべては留まることなく、常に動いている。

季節も。いつの間にか、土の中で、水の中で、

次の季節への準備が始まっているのですね。

Photo

写真は教えていただきながら作ったプリザーブドフラワー。

花材に触れていると、気持ちが鎮まります。

2018年1月 5日 (金)

芹乃栄~2018年仕事始め

【小寒~芹乃栄】

春の七草のひとつ、芹(セリ)が生える頃。芹は冷たい水の中で育ちます。

私にとってはお雑煮など、初春の食卓には欠かせない、野菜の一つです。

(※芹乃栄:せりすなわちさかう)


2018
年初めてのブログになります。

今日は弊社の仕事始め。

明日から三連休になるので

今日は顔合わせと来週へのウォーミングアップ。

心も体も整えて、きっと変化に富む2018年を

力強く駆けていけるように

そんな思いの…仕事始めです。

 

それにしても一昨日あたりから、寒い。。

今日は久しぶりの曇り空なので

一層、寒く感じます。

From_roger

写真は今、故郷、ケープタウンに一時帰国されている

弊社顧問、Roger先生と奥様から届いたプリザーブドフラワーです。

« 2017年12月 | トップページ | 2018年8月 »