フォト

MBC Group

Twitter

無料ブログはココログ

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月

2017年10月28日 (土)

霎時施~男爵芋

【霜降~霎時施】
通り雨のように小雨が降り、すぐに青空が広がる、そんな天候をいうそうです。
冬が近い頃の天候で、冬支度を始める頃だそうです。
(※霎時施:こさめときどきふる)

 

また今週末も台風が…「霎時施」の季節の小雨ではありません。

10月に12月並みの寒い日があったかと思うと

まだ台風も発生したり…

季節がわからなくなるような、不順な天候が続いています。

 

弊社顧問で国税OBの先生から、先日、男爵芋をいただきました。

ご出身の富良野で、先生の弟さんが作っていらっしゃるジャガイモです。

いろいろな料理にしていただいていますが

でん粉が豊富なお芋なので、ガレットにすると

お芋だけで簡単にくっついてきれいに美味しく出来上がります。

ポイントはできるだけ細~い千切りにすること。

(でん粉をたっぷり外に出すために…)

そしてあまり動かさず、蓋をして5分~7分位、じっくり焼くこと。

北の大地の豊かな恵み、美味しくいただいています。

Photo

 

2017年10月23日 (月)

霜始降~十勝の紅葉

【霜降~霜始降】
 
朝夕にぐっと冷え込み、霜が初めて降りる頃。秋が日一日と深まっています。
(※霜始降:しもはじめてふる)

2017

週末は北日本銀行東京支店の研修旅行で帯広~十勝へ出かけました。

先週は東京も12月並みの気温になったり、寒かったので

北海道でも、それほど大きな気温差を感じませんでした。

帯広市街もすっかり秋が深まり、街路樹は紅葉していました。

写真は帯広市内の真鍋庭園で撮ったものです。(4枚です)

 

お天気は今一つだったのですが

移動のバスの窓から眺める景色が

とにかく広くて、

ずっと遠くまで続く畑も 針葉樹の森も

ゆったり優しく心が解き放たれるような

素敵な景色ばかりでした。

  

このところ少し疲れていたので…

なんだか身に沁みました。

 

 

 

2017年10月18日 (水)

蟋蟀在戸~久しぶりの青空

【寒露~蟋蟀在戸

キリギリスが戸口で鳴く頃。この時期の虫は、鈴のような軽やかな音色で鳴く、ツヅレサセコオロギという虫だそうです。
(※蟋蟀在戸:きりぎりすとにあり)

              

昨日の午後からやっと雨が上がり、今朝は久しぶりに眩しい朝の光が注ぎました。

ようやく青空も広がり、爽やかな秋の日になりました。

でも貴重なお天気になりそうです。

再び明日から崩れて、週末は台風も近づくとか。。

一気に冬になったと思ったら、まだ台風の季節だったのかと

気がつかされました。

Img_3735

写真はオフィスの窓ガラス越しに撮った空の写真です。

2017年10月13日 (金)

菊花開~やっとキンモクセイが咲きました

【寒露~菊花開
菊の花が咲き始める頃。
菊は日本の花のようなイメージがありましたが、もともとは薬草として中国から伝わった花だそうです。
(※菊花開:きくのはなひらく)

 

Photo_2

マレーシアから帰ったらベランダのキンモクセイが満開で迎えてくれました。

今年はなかなか蕾がつかず、咲かないのかと思っていましたが、

今、咲いている木も(我が家だけでなく)あるようですね。

季節の香りの花はとても嬉しいものです。

 

その後、ずっと冷たい雨が続き、急に季節が初冬になってしまったような寒さです。

しばらくこのお天気は続きそうですが、長雨であるほど、きっとその後の青空がよりいっそう、輝いて感じられるでしょう。

その日を楽しみに過ごすことにします。

 

2017年10月 8日 (日)

鴻雁来~マレーシア研修

【寒露~鴻雁来
雁が北から渡ってくる頃。
秋が深まり、露が冷たく感じられてくる季節です。
(※鴻雁来:こうがんきたる)

Photo

毎年、この時期に行われる、公認会計士協会千代田会の海外研修ツアー。

今年は107日(土)からマレーシアのクアラルンプールへ出かけました。

日本では「寒露」になったのに、マレーシアは真夏。

四季のないマレーシアは、年中30℃平均で、夜も7時半頃まで明るいのだそうです。

 

初めてのマレーシア。空港から外に出たとき、甘いココナッツの香りの風が迎えてくれました。

クアラルンプール中心部までは空港からバスで一時間程。高層ビルが建ち並び、あちこちに建設中のクレーンもあり、勢いが感じられました。ただ、舗装されているのにデコボコの道でいきなり大きな段差があったり、足元にはよく気を付けて歩かなければなりません。

 

マレーシア会計士協会で、マレーシアの会計士の制度や現状等を伺い、国際的ネットワークを持つ大手会計事務所2社で、現地の会計監査と、税務についての講義を受けました。

プレゼンしてくださった半数以上の方が女性で、会計士の業界において、ごく普通に女性が活躍していることを感じました。

日本では会計士の女性の割合がまだ20%程度なのですが、マレーシアでは53%が女性だそうです。会計士協会のCEOも女性の方で、ご挨拶の中で、学生時代に習ったという日本の歌を日本語で歌ってくださいました。とても場が和み、素敵な時間になりました。

 

また、今回訪問した3か所のオフィスがどこも新しく立派なビルに入っていて、受付はまるでホテルかエステサロンのような美しさで、ワークスペースもスタイリッシュで、ある会計事務所には、スカイデッキにプールとジムの設備まであり、驚きました。

 

マレーシアでは、誰もが何かの宗教を選ばなければならないそうです。

中でもイスラム教が最も多く、国の宗教になっています。

イスラム教のモスク、ヒンドゥー教や仏教の寺院など、街のあちこちにありましたが

特にイスラム様式の装飾は美しく、もう少し時間があれば美術館も訪れてみたかったです。。

 

食事も、マレー料理、中華料理、肉骨茶料理(バクテー)、インド料理、思っていた以上に美味しく、手軽な料金でいただくことができました。

とても短い滞在だったので、あっという間に時間が過ぎてしまいましたが、

いつかまた訪れる機会があったら、美しいモスクなどの建造物を見たり

元気に活躍する地元の女性達と、もう少しお話してみたいと思いました。

 

 

2017年10月 3日 (火)

水始涸~キノコの季節

【秋分~水始涸
田の水を落として稲刈りを始める頃。
実りの秋の美しい季節が訪れます。
(※水始涸:みずはじめてかるる)

 

Porutini

この季節は都内のデパートでイタリアフェアが催されますが

毎年楽しみにしているのが、ポルチーニ。

傘の形のよいものをもとめて、まず傘の部分は玉子を載せたステーキに

そして柄の部分は、リゾットやパスタ、ソテーなどにしていただきます。

 

昨年は秋前半、不作で形のいいものがなかったのですが

今年はきれいなものが揃っていました。

 

形がきれいなだけでなく、汚れも少なく

いつもは下処理でふき取るのが大変だったのが

今年はあまりにもきれいで、さっと拭く程度。

 

しかし…あのポルチーニ独特の香りが弱いのです。

ポルチーニは香りが一番なのに。。

なぜなのでしょう。。

 

日本でもキノコがたくさん出てくる季節ですね。

天然物の香りは格別ですが

虫や木屑、土などがついているので

処理がとっても大変なのも事実。

そんな苦労を超えて香り高いキノコを味わいたいものです…

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »