フォト

MBC Group

Twitter

無料ブログはココログ

« 雷乃発声~一生懸命を楽しむこと | トップページ | 鴻雁北~千鳥ヶ淵の桜 »

2017年4月 4日 (火)

玄鳥至~会計士女子会に参加しました

【清明~玄鳥至】
ツバメが海を渡って飛んでくる頃。 

本格的な春の到来と農耕シーズンの始まりです。
(※玄鳥至:つばめきたる)

 

Img_1682
ようやく桜が見頃になってきました。

昨日の夕方は会議室でお花見弁当を食べながら久しぶりに懇親会。

その後に、桜を見ながら千鳥ヶ淵を歩く予定だったのですが

まさに、”春雷”。夕方からの雷と急な雨で諦めました。

春の訪れを告げる雷は、本当に短い時間で

帰る頃には雨も上がり、今日は美しい春の朝を迎えることができました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

先週末、『第3回 PW青山プロフェッショナル女子会』なるものに参加しました。

これは私が独立開業前に勤務していた(当時)青山監査法人が、2000年に合併する前までに入社した女性会計士の同窓会です。(なので、同窓会といっても今後、人が増えるわけではありません。)

該当者は1982年入社から1999年入社までの女性会計士で、私は1989年入社。ほぼ真ん中あたりの代になります。1985年入社の関根さんが、昨年、日本公認会計士協会の女性初の会長に就任し、そのお祝いも兼ねていた…はずですが、特別にお祝いらしい企画もなく、ワイワイ楽しいランチ会で終始しました。。

 

現在、公認会計士全体に占める女性の割合は15%程度だそうです。

その割合は、私が試験合格した頃は10%未満でしたが、それから30年近く経ってもまだまだこの程度の数字で(最近の合格者に占める女性割合は20%程度だそうですが)、他士業と比べても、女性に人気のない資格なのかなぁ。という感じがします。

 

企業不祥事が続き、会計士監査に対する社会の期待と責任が年々高まるとともに、監査業務も一層、厳しくなっているため、女性の働く環境として魅力がなくなっていることが、原因の一つかもしれません。

今回の女子会に参加した4050代の皆さんの近況を伺うと、女性のライフステージに応じてさまざまな選択肢があり、それを自分の意志で選んでいるしなやかさを垣間見ることができました。公認会計士という資格は、監査業務をすることだけでなく、特に女性にとって多くの可能性を広げることのできる資格ではないかと思いました。

 

今、MBCグループは、私自身が1994年に開業した須永公認会計士事務所(個人事務所)と、その後、税務部門を独立させた、税理士法人丸の内ビジネスコンサルティング、そして経営コンサルティング会社である、株式会社丸の内ビジネスコンサルティング、の3企業体で構成されています。
しかしながら、昨今、会計監査に対するニーズが高まり、契約に際しては個人事務所ではなく、監査法人との契約を希望する企業が増えていることから、新たに監査法人を設立することを検討し始めています。
在籍している公認会計士のスタッフが新しい監査法人のパートナーになる予定ですが、また新たな気持ちでいろいろなことに取り組むことができればと思っています。

 

« 雷乃発声~一生懸命を楽しむこと | トップページ | 鴻雁北~千鳥ヶ淵の桜 »

公認会計士」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 雷乃発声~一生懸命を楽しむこと | トップページ | 鴻雁北~千鳥ヶ淵の桜 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30