フォト

MBC Group

Twitter

無料ブログはココログ

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月30日 (木)

雷乃発声~一生懸命を楽しむこと

【春分~雷乃発声】
春の訪れを告げる雷が鳴り始める頃。
恵みの雨を呼ぶとして喜ばれたそうです。
雷は夏に多いですが、春の雷は短いそうです。
「春雷」という美しい響きの言葉がありますね。
(※雷乃発声:かみなりすなわちこえをはっす)

Fullsizerender

写真はオフィスの胡蝶蘭。
毎年、この時期に咲きますが、こんなにたくさん咲いたのは初めてです。
とても可愛くて、見ていると幸せな気持ちになります。

 

先日、スポーツドクターの辻先生の講演を聴く機会がありました。

揺らがない、とらわれない、心の状態の質を高めるための方法を教えていただきました。その中で、一番心に響いたのは

「一生懸命を楽しむ」こと。

 

子供の頃は誰もが一生懸命にすることを楽しみますが

大人になるほど、結果の楽しみを追うようになります。

結果を出すために努力し、結果が出れば嬉しいですが

その楽しみは刹那的であり、達成すれば

また次が始まります。

 

いつからか、「(楽しい)結果のために苦しくても頑張る」

そんな考え方が当たり前になってしまいました。

 

人が楽しさを感じる瞬間は

何も特別なところに探しに行かなくても

今の目の前のことに一生懸命になる中に

見つけられるのだと思います。

 

もうすぐ、新年度。

新しいことが始まる予感のワクワクする季節。

一生懸命を楽しみ

心の状態の質をどんどん高めたいと思っています。

2017年3月25日 (土)

桜始開~私にとって今日は

【春分~桜始開】
その年、初めて桜が咲くころ。
サンフランシスコ出張で日本を留守にしている間、

東京で桜の開花宣言がありました。
帰る頃にはだいぶ咲いているかと思いましたが、
肌寒い気温が続き、桜前線は少し足踏みしているようです。 
(※桜始開:さくらはじめてさく)

Fullsizerender

昨日の夕方、サンフランシスコから帰りました。

現地5泊、機内1泊。私にしては長い旅でした。

日本を留守にしている間、東京で桜の開花宣言がありました。

帰る頃にはだいぶ咲いているかと思いましたが、

肌寒い気温が続き、桜前線は少し足踏みしているようです。

 

帰宅したら、部屋のマイクロ胡蝶蘭が一輪、咲いていました。

出発前、だいぶ蕾が膨らんでいましたが、私の帰りを迎えるように咲いてくれました。

直径2センチほどの可憐な花ですが、決まって毎年この時期になると花を咲かせます。

今年もたくさんの蕾をつけています。

 

さて、今日は私にとって思い出深い記念日、325日です。

18歳の春。大学に進学するために東京で一人暮らしを始めた日です。

温かい愛情をいただいて、多くの人から心配していただいて、

でもなによりも自分の気持ちがいっぱい、いっぱいだった、

故郷から上京したその日のことを思い出すと、

沈丁花の香りを載せた風とともに

いつもなんだか切ない気持ちが甦ります。

 

そしていつもこの季節に

街で、あの時の自分のような若い人の顔を見かけると

他人事ながら、心の中で「頑張れ!」

…と思ってしまいます。

 

325日という日は

あれからたくさんのご縁をいただいて

こうして健やかに人生を歩めることに

改めて感謝する日だと思っています。

2017年3月20日 (月)

雀始巣~サンフランシスコに来ています

春分~雀始巣】
太陽が真東から昇り、真西に沈む、春分。
昼と夜が同じ長さになる春分は、大きな節目のひとつです。

春分の日を中日に、前後3日を含めた7日間がお彼岸です。
先祖の霊を供養する仏事が行われる日ですが、日本では古来この頃に農事始の神祭をしていたため、仏事とは関係のない行事も多いそうです。

春分の初侯は、雀始巣。雀が枯草や毛を集め、巣を作り始める季節です。
暑さ寒さも彼岸までといいますが、やっと暖かくなる、本格的な春の始まりですね。
(※雀始巣:すずめはじめてすくう)

Img_1409

Img_1422

日本M&Aセンターの理事会員の会議に出席するために

サンフランシスコに来ています。

一昨日の夕方に成田を発ち、昨日の昼前に到着。

思ったよりも寒くて、少し困っています。。

 

今日は朝からびっしり会場のホテルで会議でした。

午後はシリコンバレーの現状について、ジェトロサンフランシスコの方や

シリコンバレーで活躍する日本人起業家の方々から、

シリコンバレーの現状についての講演がありました。

 

サンフランシスコはアメリカの中でもメキシコやアジア圏からの移民の多い都市です。

そこには、多様性を認め、自由を愛する精神が育まれていて、

言語や年齢、経験の壁を越え、起業しやすい風土があるように思います。

明日は、そのシリコンバレーを視察して、その空気を肌で感じてきます。

 

写真は昨日、サンフランシスコに到着し、ホテルにチェックインする前に立ち寄ったゴールデンゲートブリッジと山の上から眺めたサンフランシスコの街です。

2017年3月15日 (水)

菜虫化蝶~春近い白馬へ

【啓蟄~菜虫化蝶】
冬を越したさなぎが羽化し、蝶になる頃。
昔の人は、蝶のことを「夢虫」や「夢見鳥」と呼んだそうです。
やわらかな春の光に蝶が舞うイメージはなんだか幻想的なものも感じます。
(※菜虫化蝶:なむしちょうとかす)

 

今日は所得税確定申告の提出期限。

このところ、冬に逆戻りしたような気候が続いています。

Img_1308

週末は長野県白馬村へ出かけました。

リゾートホテルを経営するオーストラリア人のお客様を訪問しました。

白馬はスキーリゾートとしてオーストラリアからの観光客の割合が高いですが

お客様のホテルは、スタッフのほとんどがオーストラリア人。

ホテルの中に入ると、和風に作られた内装や雰囲気もすっかりオージーです。

 

オーストラリアの猛暑から逃れて真冬の白馬で長期間過ごす人も多いようです。

のんびり、大らかなホリデーを満喫するゲスト達ですが

裏方のスタッフたちは日々大奮闘。

3月中旬には今シーズンの営業を終了し、全体の掃除をして

月末にオーナー夫妻はオーストラリアへ帰国します。

 

まだ雪深いですが、良いお天気に恵まれた週末は
すっかり春を思わせる明るさに満ちていました。

2017年3月10日 (金)

桃始笑~今日は花粉もピーク!

【啓蟄~桃始笑】
桃の花が咲き始める頃。花が咲くことを、「笑う」と昔の人は表現しました。確かに蕾がほころぶと笑っているように見えますね。
(※桃始笑:ももはじめてわらう)

Fullsizerender

一昨日、8日は国際女性デー、ミモザの日でした。

先月、ミモザでリース作りを教えていただいたのは、そのミモザの日のためでした。

イタリアでは男性が女性に日頃の感謝をこめてミモザの花を贈るそうですが、イタリアだけでなく、他のいくつかの国でも男性が女性に花を贈る習慣があるようです。

 

昨日の朝、近所のスズメの鳴き声が変わったことに気づきました。

春の明るい光の中で、透き通るように、嬉しそうな高いさえずりになっていました。

東京でウグイスの声を聞くことはできませんが

スズメの声の音色の変化にも春を感じることができますね。

 

今日も明るい陽ざしの中、気持ちよく歩きたいものですが

花粉のピークという予報が出ていますので、

しっかり防備して出かけます。

2017年3月 5日 (日)

蟄虫啓戸~ベランダの沈丁花が満開!

【啓蟄~蟄虫啓戸】
蟄虫啓戸~虫たちが姿を現す頃。

虫だけでなく、いろいろな生物たちの体も目覚める頃。

それは人間も同じだと思います。。
(※蟄虫啓戸:すごもりむしとをひらく)

Fullsizerender

今日の東京は4月上旬頃の気温だったそうです。
暖かさに体も心もほぐれて、動きやすくなったような感じがします。
虫たちが動き始めるのと同じで、私達もどこかに出かけたい気分になりますね。

自宅のベランダで、いつのまにか沈丁花が満開になっていました。

早春の甘い香り。とても幸せな気持ちになります。

 

 

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30