« オフィスの胡蝶蘭その後 | トップページ | 確定申告の季節 »

2016年2月 4日 (木)

ドラマで考える

先日、あるイベントで、『ドラマ思考』のススメ、という講演を聞きました。

舞台俳優としても活躍された経歴をお持ちのその方は、人間関係をキャスティングでとらえるのだそうです。

人生はドラマ。ドラマなので、人生における配役があり、自分が嫌だと思う人はドラマを盛り上げる悪役の役割をもって登場します。
                           

そのように考えると、悪役を認識したら、その人がどんなふうに自分に影響を及ぼし、ドラマを盛り上げるか、逃げずに見つめることができて楽しいかもしれません。

自分を客観視して、自分を離れて自分を見ることが、何をするにおいしても重要な方法だと思います。

 

でも、たまに…どうにもならない悪役が現れるものです。

それぞれに個性的なキャストが現れることを楽しみ、笑えるようになったら、人生の達人ですね。

« オフィスの胡蝶蘭その後 | トップページ | 確定申告の季節 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« オフィスの胡蝶蘭その後 | トップページ | 確定申告の季節 »

フォト

Twitter

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

MBC Group

無料ブログはココログ