« 東商千代田支部の新年会 | トップページ | 突然の別れに »

2016年1月29日 (金)

無意識へのアプローチ

昨日の新年会の講演会で、東大薬学部の池谷裕二教授の講演を聴きました。

演題は『脳を知って使いこなす~脳はどのように決断するのか~』

普段「意識」している事より、「無意識」が本当であり、反射的に行動する「無意識」をどうしたらコントロールできるのか、というお話は興味深いものでした。

 

心は脳にあるのではなく、「心は体に散在する」のだそうです。

つまり、無意識へのアプローチは、「体=行動」であるということ。

例えば、「楽しい」という感情は、口角を上げて笑う表情をすることだけでも生じるものであり、楽しいから笑う、ということだけではないそうです。

また、「やる気は体で迎えに行け」とおっしゃっていました。つまり、作業(行動)を始めない限り、やる気にならないということです。嫌だと思って手をつけないでいると、憂鬱になりいつまでもやる気にならないが、まずはとにかく作業を始めてしまうことで、やる気になるという意味です。

表情や姿勢が感情を牽引する、という事実。

確かに自分のことを振り返るとその通りですが、非常に面白いと思いました。

 

池谷先生の著書(『ココロの盲点』『脳には妙なクセがある』)も早速、アマゾンで注文しました。週末に読みたいと思います。

Fullsizerender_2

« 東商千代田支部の新年会 | トップページ | 突然の別れに »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 東商千代田支部の新年会 | トップページ | 突然の別れに »

フォト

Twitter

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

MBC Group

無料ブログはココログ