フォト

MBC Group



  • 皇居の馬場先濠に住む白鳥、スーちゃんが、須永公認会計士事務所や丸の内の様子を伝えるブログです。

  • 2007年に一度終了した、お濠の白鳥スーちゃんのブログです。

Twitter

無料ブログはココログ

« 関商女連の水戸大会 | トップページ | 2年という月日 »

2015年5月16日 (土)

経営者が代われば~M&Aに思うこと

M&Aに関わる業務も多いのですが

一番面白いと感じるのは

「経営者が代われば、会社が変わる」ことを

目の当たりにすることです

 

買い手は同業だけでなく、異業種の場合もありますが

どちらであっても、経営者次第。

 

そのことは

目の前が八方塞がりだと思っていても

異なった視点で、別のよい方法で、動かしていけば

会社は力強く再生するものだということを

教えてくれます。

 

お客様の決算数値を前期と比較するときなど

特に経費などは、何か大きな理由がなければ

前期とそれほど大きく変わらないものです

会社の経済的行動は支出額として、

つまり経費項目として数字に反映されるものだからです。

 

以前、母が家業の決算書の前期と大きく変わらない経費の数字を比較しながら

「いつも結果として同じような金額になるけれど

別の人が経営したら、使う経費も変わってくるんでしょうね。不思議ね」

と話していたことを思い出します。

 

経営者の責任とは、その「行動」を決めることにあるのでしょう。

志を持ち、方針を決め、よりよい方法で速やかに動かすこと。

目の前の雑事に追われるのではなく

大局的に見る力がなければいけないのだと

会社という生き物(?)に潜む可能性の大きさに

気づかせてくれるから、M&Aは面白い!と思います。

« 関商女連の水戸大会 | トップページ | 2年という月日 »

M&A」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 関商女連の水戸大会 | トップページ | 2年という月日 »