« 1月の寒さ | トップページ | 打合せの後に »

2015年1月20日 (火)

心の姿勢

昨日の午後は、税理士会麹町支部の常会に出席して、気持ちが引き締まりました。

確定申告も近づき、毎年のことながら緊張感が高まっていることを感じます。

常会の後の講話は、榊原記念病院の循環器内科部長である長山先生の『心臓病の最新治療と医の心』。

「医師は患者が話し始めてから平均18秒で患者の言葉を遮る」

というお話に、考えさせられました。

大勢の患者を短い時間で診察しなければならないのに、どうでもいい話をはじめられたら、やはり遮るしかないのだろうと思いますが、それだけではなく、患者の話(体のこと、不安なこと、まったく関係のない症状、家族や友人のことなど。。)をじっと聞くことは忍耐なのだとおっしゃいます。

 

でも…それは医療だけでなく、すべてのことに言えるのかもしれません。

日常生活の中で、仕事の中で、じっと相手の言葉を待つ余裕があるだろうか。

待つことで、その人が伝えたい、ほんとうの気持ちを汲むことができるのではないだろうか。

慌ただしく過ぎる時間の中にも、そんな心の姿勢を見直さなければと、思いました。

 

Photo

(写真は丸の内ブリックスクエアの十月桜)

今日も寒い朝。朝ヨガをした後で、いつもより時間をかけてお風呂に入り、ポカポカになってからオフィスへ。とても体が温まったので、フィットネスクラブのあるブリックスクエアの庭を少し歩きました。十月桜は今が満開。冬のバラも咲いていました。

 

 

« 1月の寒さ | トップページ | 打合せの後に »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 1月の寒さ | トップページ | 打合せの後に »

フォト

Twitter

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

MBC Group

無料ブログはココログ