« シーボーンアート展と晩夏 | トップページ | こんな暑い日には・・・ »

2014年8月20日 (水)

相対的な考え方と苦しみ

夏休み明けの業務が始まって3日目。

朝ヨガも少しずつ体が慣れてきました。

 

そんな今朝の朝ヨガのレッスンで聞いたお話です。

ヨガでは自分の内面にひたすら集中していきます。

周りに影響されることなく、自分自身がどうか、ということだけです。

 

相対的な考え方をすると、苦しみにつながる。

人は知らず知らずのうちに、相対的な考え方をしてしまいます。

それは社会性、協調性であり、安全に自分を守ることにもつながると思いますが

度が過ぎると自分を苦しめる元になってしまいます。

 

苦しさ(不快感)を感じたとき、それが何によるものなのか

自分の気持ちをよく分析してみると

ヨガの基本にもつながり、

意外に解決できるものもあるかもしれません。

 

Photo

植物はそのままでそれぞれが美しい。

他と比べたり、競うことなく、

自分の命を生き切っているのだと思います。

(写真は実家から送られたミニトマトの枝です)

 

« シーボーンアート展と晩夏 | トップページ | こんな暑い日には・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« シーボーンアート展と晩夏 | トップページ | こんな暑い日には・・・ »

フォト

Twitter

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

MBC Group

無料ブログはココログ