« イチョウの小さな新緑 | トップページ | 久しぶりのパン »

2013年4月13日 (土)

専門サービスとアヒルの水かき

税理士や会計士の報酬は

10年ほど前までは、税理士法や公認会計士法に

「報酬基準」というものが定められていて、

それをある程度参考にして、各人が自由に決めていました。

規制緩和の流れにより、法で守られた「報酬基準」はなくなってしまいましたが

各々の事務所が基準を作り、運用しているのが現状だと思います。

 

もともと目に見えないサービスにお金を払うことに慣れていない日本においては

特に専門性の高いサービスや、その資格の独占業務などの場合

日頃の生活では馴染みのないものであるだけに

一定の基準を持つことが必要だったのだろうと思います。

 

私が密かに尊敬しているある税理士さんがブログで

「アヒルの水かきはダメ」とおっしゃっていました。

アヒルは涼しそうな表情でスイスイ進みますが

水の下では水かきを必死で動かしている。

 

つまり、出来上がった表面だけでなく、

結論に至るまで、いかに専門的な検討を重ね

頭に汗してたどり着いたのか

お客様にも国税に対しても

その経過を「見える化」することが大切なのだと。

 

ついつい当然それに高い専門性と時間をかけたことを

わかっているだろうという思い込みで

結論をスマートに簡潔に報告してしまいがちですが

それでは届かないこともありそうです。

 

これも相手の立場になって考えることの一つですね。

アヒルの水かきが見えることも安心感につながることを意識して

工夫していこうと思います。

Ahiru


« イチョウの小さな新緑 | トップページ | 久しぶりのパン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« イチョウの小さな新緑 | トップページ | 久しぶりのパン »

フォト

Twitter

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

MBC Group

無料ブログはココログ