« 沈丁花の季節 | トップページ | 『事業承継経営塾』第1期の終了 »

2012年3月27日 (火)

春を待つ木々

我が家のバルコニーのシマトネリコなどの常緑樹の葉が傷んで

とても心配だったので、日曜日に、花屋さんに見てもらいました。

病気でも虫害でもないけれど、

冬の冷たく強い風に当たると、どうしても傷んで枯れてしまうので

思い切って剪定したほうがいいと教えていただきました。

芽吹く前がいいので、タイミング的にはちょうどいいと、

バッサバッサ、心配になるほど、枝を切っていただきました。

葉を残してもいいけれど、思い切って切ってしまったほうが

新芽の成長がよくなるのだそうです。

ずいぶんスッキリして向こうの空が見えるようになった枝を見ると

新緑の季節がとても待ち遠しいです…

Photo

« 沈丁花の季節 | トップページ | 『事業承継経営塾』第1期の終了 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 沈丁花の季節 | トップページ | 『事業承継経営塾』第1期の終了 »

フォト

Twitter

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

MBC Group

無料ブログはココログ