« 夢のような休日~海のガーデン | トップページ | スマートフォン »

2011年6月 7日 (火)

経営者の勘

昨日は東京商工会議所 江戸川支部主催のセミナーで講師をしました。

中小企業経営イノベーションセミナーの第5回ということで、いただいたテーマは

『決算書からみえる、会社の未来』です。

講義内容は、

1.社長は決算書をどう読むべきか?

2.「利益」と「資金繰り」の違い

3.金融機関へのプレゼン方法  です。

財務会計のセミナーを初めて受ける方を対象とした、非常に基本的なもの、ということでした。

月曜の朝にもかかわらず、定員60名を上回るたくさんの方が参加してくださいました。

そして、居眠りする人も途中退出する人もなく、会計を理解したいという経営者の熱心さが伝わってきました。

初心者にも難しいことをわかりやすく伝えるには、①説明する順番を検討すること、②時間のバランスを考慮して思い切って省く部分を選ぶこと、③専門用語を少なくすること、等が大切だと思っています。

事前に説明のしかたをいろいろと考えてみたのですが、わかりやすく伝えることは難しい…と、つくづく思います。

ただ、ずっと以前から私が感じているのは

経営者の多くの方は、たとえ専門的な会計の知識がなくても、

その経営的な勘が鋭く、どのくらい儲かっているのかいないのか、

把握されていることが多いということです。

会計は経営活動を客観的に表す道具です。

会計を理解することによって経営者は、取引銀行等、第三者に説明しやすくなります。

さらに、他の会社や前期の数値などとも比較しやすくなります。

つまり、今の自分の会社の状態を客観的に把握することができるので

より深い検討が可能になるのです。

経営者の勘を裏付けられる会計数値の見方を

少しでもお伝えすることができればよいのですが・・・

P6071236

くちなしの花です。甘い香りがします。

« 夢のような休日~海のガーデン | トップページ | スマートフォン »

セミナー・研修会」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 夢のような休日~海のガーデン | トップページ | スマートフォン »

フォト

Twitter

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

MBC Group

無料ブログはココログ