« 夏至 | トップページ | 今日の収穫? »

2011年6月23日 (木)

節電と電気の質

節電が進んでいる日本。

電気については、量だけが取り上げられていますが

現実的には電気の質ということも考慮に入れなければ

現在の日本を支えている経済活動は立ち行かないのだそうです。

そういった意味から、原子力発電は、安定した高い品質の電気だそうで

日本経済が発展するためになくてはならないものだったのです。

この悲しく恐ろしい事故をきっかけに、これからどんな選択をすることになるのか、

今はまだ先が見えません・・・

ビルによっては廊下も怖いほど暗くなっているところがあり、驚くことがあります。

弊社の入っている岸本ビルは、いくつか蛍光灯を間引いたりしているものの、

それほど暗く感じませんが、空調の設定温度が高くなっていることはわかります。

ここ数年、夏は亜熱帯地方のような猛暑に慣れつつある東京ですが、

今年だけは冷夏になってほしいと、願うばかりです。

« 夏至 | トップページ | 今日の収穫? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

amiさん、こんばんは。
原子力の電気は、質が高かったのですか。
それは知りませんでした。
でも、そんな質の高い電気でなくては
立ちいかない生活って、コストも高く、
脆弱な感じもしますね。

ぺんぎんさん、こんばんは。
電気の品質の問題は先日初めて知ったのですが、インフラになっているITシステムがストレスなく動くためには必要だそうです。そして精密機械工場なども安定した電力供給がなければ製造が不可能と聞きました。
知らないうちに便利さと引換えに高いコストを負担し、実は脆弱だったインフラに囲まれて暮らしていたことに気づかされます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 夏至 | トップページ | 今日の収穫? »

フォト

Twitter

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

MBC Group

無料ブログはココログ