« トランペットのコンサート | トップページ | 経営分析中です »

2010年9月 5日 (日)

ヒュッテ・エミールの週末

P9020380_2八ヶ岳は涼しいと思っていたら、昨日は朝から暑くなり、猛暑日になりました。

毎年、この八ヶ岳研修が終わるとまっすぐ東京に帰るのですが、今年は、一週間ほど前に、ある人のブログを読んでいて見つけた『ヒュッテ・エミール』という小さなホテルが研修会場の近くということがわかり、そこで週末を過ごすことにしました。

事前にあまり詳しく調べずに訪れましたが、着いてから、シンプルな外装の建物には30畳ほどの広さの客室がわずか4室しかないということを知りました。

P9040386 緑の中にひっそり佇むホテルの一歩中に入ると、広いロビーの清潔さと美しさに驚きます。

よく手入れが行き届いてピカピカに磨かれているダニエルの家具と大きな暖炉。

ところどころに置かれたリヤドロの調度品。

全体が調和した落ち着きと快さに、心が少しずつほぐれていくのを感じました。

P9040383 案内された客室もダニエルの家具で統一され、隅々まできれいで快適です。

大きく開かれた窓とバルコニーからは南アルプスの山々が遠くに見え、すぐ目の前の白樺の木の葉を揺らして高原の風が気持ちよく部屋に入ってきます。

外はあんなに暑いのに…別世界です。

麻のシーツも上質なリネン類も体の疲れを取り除いてくれるような心地よさ。

P9040390 普段はどこへ出かけても、何かをしなければならないと思ってしまう私ですが、

部屋の中のゆったりとした空気を感じた途端、ここでは何もしないことが一番の贅沢だと思い、ぼーっとすることに決めました。

夕食はフランス料理のフルコースでしたが、主張しすぎない、素材を生かしたシンプルで優しい料理は、とても美味しく、夕暮れから漆黒の闇に移りゆく窓の外を眺めながらゆっくり楽しみました。

デザートは、暖炉の前のテーブルに席を移動していただきました。

暖炉は一年中、燃やしているそうです。

薪がパチパチ音をたてて温かな火を燃やしています。

天井の太い梁が印象的なロビーには冷房はないのですが、網戸を通して外から風が入るだけで、火を燃やしているのにもかかわらず、涼しく快適でした。

P9040394 暖炉の前で、名古屋からいらっしゃったというご夫妻とお話をしました。笑顔が素敵でエレガントな奥様と、優しそうなご主人。

今年の5月に一度訪れて以来、ファンになって、今回が3度目で、10月にもまた予約をされているそうです。

家族経営の小さなホテルにはリピーターが多いようです。

お二人から八ヶ岳周辺の情報をいろいろ教えていただいた後、外のテラスに出たら、空にはたくさんの星が降るように輝いていました。

ひんやりした冷たい空気が気持ちよかったです。

…こんな時間はほんとうに久しぶりのこと。

心をほぐす上質の時間が、しっかりと存在していました。

ゆっくりした時間の中で、いろいろなことを考えることもできたし

思いがけない出会いがあった、とても素敵な週末でした。

P9050398 暖炉の前でお話をしたご夫妻から教えていただいた、“とりはたジャム”。

帰りに立ち寄って、いくつか味見をして、何種類か買いもとめました。

添加物、保存料、冷凍果実は使わないという、本物のジャムです。

果実味たっぷりのフレッシュなジャムは、ヨーグルトに入れたり、お料理のソースに使おうと思います。

P9040395こちらは夫がホテルの周辺を散歩したときに摘んできたアカツメクサ。

ホテルの部屋に飾りました。

ジュースを飲んだ後の瓶に挿したら、水をたっぷり吸って元気に咲いていました。

      

        

Photo

こちらはアカツメクサにとまったモンキチョウ。この写真は夫が携帯で撮りました。この瞬間を撮るのはなかなか大変だったそうです…

« トランペットのコンサート | トップページ | 経営分析中です »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« トランペットのコンサート | トップページ | 経営分析中です »

フォト

Twitter

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

MBC Group

無料ブログはココログ