« 6月の岩手出張へ | トップページ | 岩手も真夏日に »

2010年6月25日 (金)

遠野、風の丘で

Image200_2 昨日は釜石の会社を訪問して、北上の実家へ戻る途中、遠野の道の駅に立ち寄りました。

道の駅、遠野風の丘は、その名のとおり、風が吹いていました。

見上げると青い空が高く広がっていました。

緑濃い山並みを通り抜けて届く風は、とても爽やかで心地よいものでした。

Togarashi_2道の駅が全国的にも人気だそうですが、遠野も農産物を見ているだけで楽しいのです。

やはりつい買い物をしてしまいました。

実家には、大きなしいたけ、なめこ、くるみ餅を。

実家のネコには、マタタビの枝を。

そして自分には小さな乾燥唐辛子を買いました。

(写真は唐辛子の袋と、マタタビの枝。)

また、遠野はホップの産地でもあります。

あちこちで美しいホップ畑を見ることができました。

遠野地ビールの旗に、つい寄り道をして地ビールを販売する店にも立ち寄りました。

地元のホップを使ったという贅沢なビールです。

Kappa_beer 今年は遠野では、遠野物語百周年イベントが企画されているようです。

遠野は民話の里。そして河童の住むところ(!?)

町の至るところに河童のかわいらしいキャラクターを見かけます。

地ビールも河童の絵のラベル。でも、ラベルの絵はちょっと恐い河童です…

芳しい香りの、フルーティな美味しいビールでした。

上の写真は遠野の道の駅の駐車場横に立っていた大きな風車です。

風力発電をしているのでしょうか…

« 6月の岩手出張へ | トップページ | 岩手も真夏日に »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ホップって、麦ですよね。今、麦秋の季節ですか?行ってみたいなぁ。。。

midoriさん、今は丁度、麦秋の季節ですね。麦畑も黄金色でとてもきれいでしたよ。
ホップはつる性の植物で、10メートルくらいの高さの支柱で栽培されています。(たぶん本州ではあまり見かけない畑だと思います。)花をビールの苦味などに使うらしいです。遠野では、ビール会社の契約栽培が殆どのようです。高い支柱に絡まっている蔦のような大きめの葉の緑色がとても涼しげできれいでした。ホップの収穫はいつ頃なんだろう…と思いながら通り過ぎてきました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 6月の岩手出張へ | トップページ | 岩手も真夏日に »

フォト

Twitter

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

MBC Group

無料ブログはココログ