« セクレタリーの日 | トップページ | 引越まであと2週間 »

2010年5月13日 (木)

天行健

新緑から深緑に移り変わり、いつの間にかオフィスの窓から見える皇居外苑の木々も、森のように、こんもりと膨らんで見えます。

そんな生命力に溢れたこの季節、いつも思い出す人がいます。

今日、513日はそのO社長の誕生日、そして20日は命日です。

私が創業して最初にお客様になってくださった方です。

15年前、独立したばかりで、毎日が勉強だった私に、大事な会社の税務を任せてくださって、その上、いろいろな人を紹介してくださいました。

O社長から教わった言葉は、易経の「乾為天」の一節。

“…天行健。君子以自強不息。”

(天行は健なり。君子もって自らつとめてやまず。)

天の動きは健やかで、いつも変わることがない。

人の上に立つ者は、いつも変わることのない健やかな動きに務めなければならない、という意味です。

リーダーの資質には、いろいろなものがあると思いますが、私がいつも真っ先にイメージするのは、この言葉です。

天の動きを、普段人は意識することがありません。

毎日、変わりなく健やかに動いていることが、当たり前のことだからです。

でも、そんな天に守られているからこそ、人は安心して生きることができる。

それが最低限だけど、最も重要なつとめなのだろうと、改めて思います。

創業当時のまだ経験の浅い私に任せてくださったO社長に感謝する思いで、

生前は、毎年、誕生日には何かお祝いを届けていました。

花のときも、小さなギフトのときも、カードだけのときも、あったと思います。

               

届けることができなくなって8年ほどが過ぎましたが、私にとっては、経営者としての自分を省み、創業の思いを振り返る、大事な日になっています。

« セクレタリーの日 | トップページ | 引越まであと2週間 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いつも楽しくブログを拝見させていただいております。

「天行健」 素敵な言葉ですね。


仕事柄、日ごろいろいろな方たちと「理想のリーダー像」について話し合うのですが、行きつくところは、まさに「天行健」と同じようなところです。

人の上に立つ人は、「人の想いを大切にできる人」だとわたしは感じています。しかし、「天行健」の言葉を拝見したとき、少しだけニュアンスが変わりました。

「人の想いを大切するよう努めている人」

まだまだ明確な答えではありませんが、なんとなくこのような人こそが、人の上に立たせていただくことができるように感じました。

素敵な言葉をお教えいただき、ありがとうございました。これからも素敵なブログを楽しみにしております。

渡辺さん、ありがとうございます。
リーダーとして、「人の想いを大切にしたい」と、渡辺さんが思っていらっしゃること、素晴らしいと思います。
組織は、人の想いで集っていると思います。
それは生き物なので、日々少しずつ変化もしていますが、上に立つ人には、常にそんな想いを包みこむ力が必要なのですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« セクレタリーの日 | トップページ | 引越まであと2週間 »

フォト

Twitter

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

MBC Group

無料ブログはココログ