« 爽やかな日曜日 | トップページ | GWの前に… »

2010年4月26日 (月)

順天応人

ほとんどの人は、変化を嫌います。

現状に大きな不満を抱いている人は別ですが、

まあ、普通に暮らしている場合、大きな変化には抵抗するのが当たり前

組織においても同じこと。

変革が必要だとリーダーが声をあげても、

それにすぐ腰を上げる人はほとんどいません。

変革はそれが成功に終わってはじめて、人々から喜ばれるもの。

多くの人は、「あまりいい状態ではないかもしれないけど、今のままでいいんだよね」

と思うのが普通で、

実は少しずつ危機が近づいているのに、現状を変えることには抵抗します。

そして、その抵抗する力は意外に強く、

それに負けると変革できないうちに、組織は“茹で蛙”状態になってしまう…

変革を成功させるために必要なこととして、

易経では、「順天応人」という言葉が出てきます。

この言葉は「順天堂」の語源にもなっているそうです。

つまり、変革には、大義名分が必要であることをいっています。

「順天応人」とは、天の意に従い、人々の願いに応える、という意味です。

変革を成功させるためには、無私無欲な状態で、

組織のため、そして皆のためにするのだと、

変革が成功すればこんな景色が見えるのだと、

準備に準備を重ねて

その必要性を訴え続けることが大事なのです。

環境の変化に応じて常に組織の方向を見通し、

ゆるぎない理念を持って組織をまとめあげ、

変革すべきときを逃さず、それを成功させることが

リーダーの最も重要な務めなのだと思います。

« 爽やかな日曜日 | トップページ | GWの前に… »

会社経営」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 爽やかな日曜日 | トップページ | GWの前に… »

フォト

Twitter

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

MBC Group

無料ブログはココログ