« モノづくりを考える | トップページ | 和風デザートをいただきました »

2010年3月11日 (木)

法律事務所に伺って

知り合いの弁護士のK先生のオフィスに初めて伺いました。

4年前から私が税務顧問をさせていただいているお客様の、顧問弁護士がそのK先生です。

オフィスがすぐ近くなのに、丸の内でお会いしたことは今までありませんでした。

ちょっと緊張して伺いました…confident

会議室に通していただいて待っている間、窓の外を眺めました。

広い空と、行幸通りの銀杏並木が見えました。

秋には黄葉が輝いて、相談に訪れる方の心を和ませてくれることでしょう。

法律事務所の場合、机と机の間をパーティションで区切ったり、個室などのスペースを作っているところが多いようです。

複数の人で協力し合うプロジェクトもあると思いますが、個々人の能力を充分に発揮するために、仕事に集中することが優先するからなのでしょう。

そしてK先生のオフィスも、スタッフの机の間には高めのパーティションが、役員の先生方はそれぞれ個室をお持ちでした。

また、依頼者が来訪することが多いことから、会議室もいくつかありました。

以前、弊社でもオフィスが広めだったときは、自分の個室があったのですが、現在は、スタッフと同じスペースに机を置き、低めのパーティションで視界をさえぎって集中しやすいようにしています。

オープンになったことにより、スタッフの仕事の内容も聞こえてくる、というメリットはありますが、同時にどうしても集中しにくく注意が散る、という欠点もあります。

是が非でも集中したい仕事は、誰もいない夜か休日、もしくは自宅で、ということになってしまいます。

どちらがいいのかは一概に言えませんが、このメリット、デメリットは、どんなに恵まれた条件のオフィスでもいえるのでしょう。

K先生も、スタッフがお客様に電話している話し方やその内容を聞きたいが、個室にいるとそれができないと、おっしゃっていました。

でも…私はまたいつの日か、静かに仕事ができるスペースがほしいなぁcoldsweats01

K先生のオフィスを拝見して改めてそう思ってしまいました。

« モノづくりを考える | トップページ | 和風デザートをいただきました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« モノづくりを考える | トップページ | 和風デザートをいただきました »

フォト

Twitter

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

MBC Group

無料ブログはココログ