« 札幌の週末 | トップページ | 厳寒の冬と春の萌し »

2010年2月 7日 (日)

雪あかりの夜

P2061660 昨日は、午後になってからだんだん吹雪いてきました。

寒さはなぜかとても疲れます。

昼過ぎにホテルに戻ったら、どっと疲れが出て1時間ほど眠っていました。

目が覚めると吹雪は止んでいました。夜は小樽へ出かけることに決めていました。

再び吹雪にならないことを祈りながら、札幌駅から電車で小樽へ。

P2061659 目的は、小樽の“雪あかりの路”です。

小樽運河には漁業用の浮玉キャンドルが灯り、運河沿いの散策路には雪や氷に囲まれたスノーキャンドルが並びます。

少し風があったので、キャンドルに灯をともし続けることが大変そうでしたが、とても幻想的な風景です。

風が冷たいので、あまりゆっくりする気にもなれず、札幌に戻ることにしました。

P2061658 7時過ぎてもう快速電車はなくなっていたので、小樽から札幌まで各駅停車の電車で1時間弱です。駅を出て空を見上げると、ほの赤い空…これも、雪あかりです。

子供の頃過ごした、岩手の冬を思い出しました。

雪が降る日の夜のほんのり赤い色の空。雪は多くてもそれほど寒くない夜の、好きだった、雪あかりの空の色。

もう何年も見ていません…懐かしい思いで見上げました。

ホテルに戻ってホテル22階の和食レストランで夜景を眺めながら遅めの夕食をいただきました。

美味しい和食ならやっぱり日本酒を・・・と思い、獺祭(だっさい)の純米吟醸を。

名前は聞いていたのですが、味わったのは初めて。混じりけのない美味しいお酒。

札幌最後の夜は、山口県のお酒で美味しく食事を楽しむことができました。

« 札幌の週末 | トップページ | 厳寒の冬と春の萌し »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 札幌の週末 | トップページ | 厳寒の冬と春の萌し »

フォト

Twitter

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

MBC Group

無料ブログはココログ