« 歴史の流れを洞察すること | トップページ | 変化とチャンス »

2009年12月10日 (木)

忘年会と新年会、そしてティータイム

忘年会のシーズンです。

不景気で夜の街の賑わいは今ひとつとはいえ、やはり今週から来週にかけてが、忘年会のピークではないでしょうか。

弊社では昨年から、年内は最終日の軽い納会だけにし、年明け早々に新年会をすることにしました。

どうしても年末はそれぞれの業務が忙しく、落ち着いて宴会ができないからです。

前回は箱崎のロイヤルパークホテルの宴会場で着席ブッフェにしましたが、来年の新年会は、岸本ビルのお隣、明治生命館の地下にある、センチュリーコートで、フランス料理のコースをいただくことに決めて、既に予約済みです。

今年はなぜか、あまり12月の実感がありません…

でも、このくらいの雰囲気のほうがいいような気もしています。

年の瀬の区切りは大切だと思いますが、敢えて特別すぎない年の瀬を、心静かに迎えたいと思うのですconfident

さて、昨日の午後は、帰国まで残り時間がわずかとなったNさんと、忙しい合間を縫って、ほんのひとときのティータイムを共に過ごしました。

淋しいけれど、それ以上に、「私にとっても、また新たな展開があるかもしれない」…そう感じたひとときでした。

話しているうちに、来年の7月に再びブリスベンに出かけることも決めました。

7月までに、amiさんのオフィス探しているからね。」

「じゃあ、大好きなエドワード通り沿いに、かわいいオフィスがほしいな。」

「あの辺りは人気かもね…きっと。わかる、わかる!」

…そんな楽しい冗談で笑い合って、再会を約束しましたscissors

2010年まであと3週間。

いろいろなことを勉強して、幸せをたくさん見つける、元気な年を過ごしたいと思います。

|

« 歴史の流れを洞察すること | トップページ | 変化とチャンス »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 歴史の流れを洞察すること | トップページ | 変化とチャンス »