« ブルーベリージャム | トップページ | ハロウィーンの丸の内 »

2009年10月27日 (火)

友へ…

しばらく何の連絡もなかった友人から突然、気分が沈んでいるというメールをもらいました。

人生いいことも、悪いこともある…と、ぽつりと書いています。

元気づけたら却って辛い思いをさせてしまいそうな、そんな感じが伝わってきます。

生きることは問題と選択の連続。

明確に突きつけられるものもあれば、気をつけていなければそれと気づかずに通り過ぎてしまうものもあります。

ほとんどの場合、答えはただ一つではなく、複数個あるものです。

私達は、自分の経験を通した目で、物事を見て、感じて、判断しています。

誰かが言ったから、時代がこうだから、ではなく、それが自分の中でほんとうに納得できないなら、たとえ目標に到達するのに時間がかかったとしても自分の感覚を大事にすること。

そんな覚悟をもって生きることが、一番、自分にとって居心地の良い生き方なのかもしれません。

私達はかけがえのない自分の人生を生きています。

自分の目の前にある景色は、自分が創り出したもの。

生まれてから無数の選択を経て今、ここにある景色はすべて、自分自身なのでしょう。

それに気づいたとき、どんな小さなことでも、とても有難く、愛おしく思えます。

「自分の人生なのだから、自分を信じることが大事だよ。」

…そう言いたいのですが、今はそんな強い言葉をかける時期ではなさそうです。

結局、季節の挨拶のようなメールを、心配する気持ちをこめて送りました。

紅葉の季節にも気づいていなかったと、返事がありました。

どんなに辛いだろうと心が痛みますが、また今朝もお天気の挨拶メールを送ります。

一人ひとりの存在が贈り物であることに気づいてほしいから。

早く、降り注ぐ自然の恵みに気づいて、友人の心が癒されますように。

|

« ブルーベリージャム | トップページ | ハロウィーンの丸の内 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ブルーベリージャム | トップページ | ハロウィーンの丸の内 »