« 長崎くんち | トップページ | 焼き物の町へ »

2009年10月11日 (日)

ハウステンボスを歩いて

長崎の週末は秋晴れ。朝の天気予報では「絶好の行楽日和」とのこと。

Pa101353 Pa101355

昨日の朝、長崎市内のホテルをチェックアウトして、南山手の大浦天主堂、そしてグラバー園へ出かけました。

以前訪れたときと異なり、大浦天主堂の裏からエスカレーターでグラバー園まで昇ることができるように便利できれいに整備されていました。

それでも、たくさん、たくさん、歩きましたsweat01

気持ちのよい風に吹かれながら、グラバー邸の庭から長崎港を眺めました。

Photo その後は、佐世保のハウステンボスへ。

あのバブルの時代に創られた大規模なリゾートですが、初めて訪れてその大きさ、広さに改めて驚きました。

ガイドブックには東京ドーム33個分と書かれていましたが、そんな表現ではまったく想像できません…。

中世ヨーロッパの街並みを再現したレンガ造りの建物や、街を流れる運河、花畑、ショップやレストラン、ホテル…なぜここにこれほどの街を創ったのかと不思議な気持ちになります。

時代の勢いだったのでしょうか。。。(上の写真は満開のダリア園から撮りました

Pa101363 宿泊したホテルヨーロッパでは、ちょうど結婚式もあり、大勢のお客さんで賑わっていましたが、広いホテルや街の中を歩いて、やはりこの街や設備を維持するのは大変なことだとつくづく感じました。

週末のわりには人の少ない広場のステージではなぜか阿波踊りが…あれだけこだわって創ったはずのレンガ造りの街の中で、あまりにもミスマPa101364 ッチな音頭が響きます。

このリゾートはこれからどのような運命を辿るのでしょう…think

|

« 長崎くんち | トップページ | 焼き物の町へ »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

長崎の旅、秋の晴天に恵まれてよかったですね。

長崎くんちは十数年前に両親と弟夫婦と一緒に出かけた思い出があります。ちょっと異国的なお祭りで、じゃ踊りなどを見たのを覚えたいます。長崎ちゃんぽんも美味しかった・・・。

ハウステンボスは今はどんな状態なんでしょう・・・。
中世ヨーロッパの街並みは維持されているのでしょうか?
あの頃は、こんなリゾートがあちこちに・・・。
本当に運命いかに?ですよね。

ホテルヨーロッパはアムステルダムで宿泊したことがありますが、写真の様に運河に沿って同じ建物が建っているんですよ。

投稿: 雪之華 | 2009年10月11日 (日) 21時08分

雪之華さん、こんにちは。

雪之華さんも「長崎くんち」に行かれたことがあるのですね。
想像していた以上に面白いお祭りで、感動しました。
できればまた行ってみたいです。

ハウステンボスはとにかく広く、圧倒されました。
こんなとんでもない規模の街を造ろうとしたこと自体が信じられない気がしました。
ホテルヨーロッパはアムステルダムに同じように運河に沿って建っているのですか…驚きですwobbly
既にクローズしているホテルや店も結構ありましたが、それでも街並みをどうにか美しく維持している努力が感じられました。
あの街並みを維持し、木々やクルーザー、車などを管理し、営業するためには、連休中にもかかわらずあの程度の客数では、とても合わないだろうという印象でした…think

投稿: ami | 2009年10月12日 (月) 06時52分

amiさんこんにちは。
長崎、お天気に恵まれてよかったですね。
ハウステンボスはホテルオークラの10ヵ国大使婦人のガーデニングをプロデュースされた、白砂伸夫さん(ランドスケープデザイナー)がばら園をやはりプロデュースされていて、バラの季節にはたくさんのお客様で賑わっていると聞きました。
でも、年間を通してにぎわうためには、もっと知恵を出して再生しないと、リピーターにはなってくれないのかもしれませんね。

ところで、お話が少し変わりますが、数日前の「きせわた」とてもカラフルで驚きました。
外国人の方には、喜ばれるのかも知れませんね。
楽しく日記を読ませていただきました。
ありがてうございます。

投稿: いなくみ | 2009年10月12日 (月) 12時51分

いなくみさん、ありがとうございます。
ホテルオークラの10ヵ国大使婦人のガーデニングは、以前、いなくみさんのブログで読ませていただきました。同じ方がばら園をプロデュースされているのですね。
ハウステンボスの花壇も素晴らしいものでした。秋バラ、コスモス、ダリアが季節を迎えていました。
初夏のバラの季節にはイベントを開いたりして、お客さんがたくさん集まるのかもしれません。

あの3色の「きせわた」、私もびっくりしました。
お店から説明もなかったので、それが「きせわた」ともわからず、変わった造花があるのかな、くらいにしか思わなかったのですが…coldsweats01

投稿: ami | 2009年10月12日 (月) 17時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 長崎くんち | トップページ | 焼き物の町へ »