« インフルエンザ | トップページ | イムネオールとタルト »

2009年10月21日 (水)

看病とアケビ

昨日の昼過ぎ、夫はようやく食事ができるようになりました。

でも、看病していると、こちらまで食欲がなくなってしまって…think

やはり食というものは、食べ物の美味しさ以前に、人の心や体の健康が大事なのだと改めて感じました。

私自身は症状は出ていないので、問題はないとは思うのですが、今週は私も人と会うのをなるべく控えようと思っています。

会社によっては感染者の家族にも自宅待機を命ずるところがあるようです。

今日もパソコンが私のオフィスです。

Pa211380 一昨日、熱があっても食べやすい果物をと、みかん、梨、柿などを買いました。

そのとき、果物売り場のいつものWさんからオマケにアケビをいただきました。

「アケビ、食べたことあります?買って食べるようなものではないから、あげます。美味しくなかったら捨てていいから・・」

食べ方を教えてもらって、自宅に帰って食べてみました。

思ったより実は柔らかく、手で割くことができます。種も食べられたらいいのに、種を外に出さなければならないのが大変。でも、種の周りは甘くて美味しかったです。

外皮の紫色が鮮やかでとてもきれい。こんな美しい果実が木になっているところも見てみたいです。

Wさんは、皮はアクが強いからおいしくないと話していましたが、母が、「山形の人が、皮が一番美味しいから捨ててはもったいないと言ってたよ」と言うので、ちょっと試してみようかと思います。

確かに皮は厚くてふわふわしていて、色もきれいで、見た目には美味しそうなのです。

今日もよいお天気になりそう…sun

外出することは少なくても、病気のときはお天気が良く明るいと、気持ちが救われます。

|

« インフルエンザ | トップページ | イムネオールとタルト »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« インフルエンザ | トップページ | イムネオールとタルト »