« 経営者の気持ち | トップページ | 日記記念日と菊の節句 »

2009年9月 8日 (火)

意外性は魅力

「意外性は魅力」と、美塾K先生がおっしゃいます。

それが魅力になるか、ちぐはぐで変になるかは、微妙かもしれません。

一体、何が違うのだろう…と考えた末、おそらく魅力となる意外性は、作為のない自然さがあってこそではないかと思いました。

それは何も美容に限ったことではなくて、すべてに応用できそうです。

自分(自社)を客観的にみたときに、個性と思えること。

意外性が少しでも見つかったら、それは特に大切にshine

会社の場合、商品、サービス、技術、スタッフ、環境、雰囲気等々…いろいろな要素の中で、他と違うことに潜在的な魅力があるのでしょう。

他社の成功を真似たり、あるいはステレオタイプの優良会社を目指すだけではなく、個性を大事にし続けることが、魅力的になることなのだろうと思います。

ただ、あまりにも意外性を全面に押し出すと、不自然で嫌味にもなりかねません。

それはたぶん、スパイスのように効かせて…

スパイスの使い方によっては、すべての要素を引き立てることもできますが、逆に台無しにすることもあるのですから。

まずは、自分の中の意外性に気づくところから始めようと思います…confident

|

« 経営者の気持ち | トップページ | 日記記念日と菊の節句 »

会社経営」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 経営者の気持ち | トップページ | 日記記念日と菊の節句 »