« 夏のログハウス | トップページ | 東京に帰って »

2009年8月 4日 (火)

祖母の形見

昨日の午後は北上市にあるお客様へ。

地元で報道、取材などをされている会社なので、お客様にとって夏祭りは忙しい時期です。

申し訳ないと思いながら、時間をとっていただきました。

北上市の郷土芸能祭りの最終日は花火で締めくくられます。

北上川の河川敷で行われる花火大会はいつも大勢の人で賑わいます。

朝はまだ前日の夜からの雨が残っていましたが、午後にはすっかり晴れ上がりました。

昨夜は花火を見に出かけようと思っていたのですが、連日の朝の涼しさのせいか、少し風邪気味。

出かけるのをあきらめて実家でゆっくり休み、翌日の帰京に備えることにしました。

昨年亡くなった祖母が、体が弱くなって実家に引き取られる前まで一人暮らしをしていた小さな家を、近々、処分することになりました。

母が物を片付けに行っていて、お宝(?)を見つけたそうですshine

昔の輪島塗(らしい)の蓋つきの椀が10個。

祖父の親が買ったものらしく、だいぶ昔に秋田県角館市の家から持ってきたものだそうです。

そんなに古いものとは思えない良い状態で保管されていて、とてもきれいで驚きました。

器を手にすると、木と漆の温もりを感じます。

祖母の形見として、そのお椀をいただいて帰ることにしましたconfident

今日はこれから東京に帰ります。道路があまり混んでいないといいのですが…car

|

« 夏のログハウス | トップページ | 東京に帰って »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

amiさんこんにちは。
風邪はよくなりましたか?
器というものは、物語がありますね。
東京にお帰りになって、そのお椀を手にされると、
故郷の風景やご家族を思い出されることでしょう。

東京は曇り空、暑くないのは良いことですが、
夏の太陽が恋しいです。
お気をつけてお帰りください。

投稿: いなくみ | 2009年8月 4日 (火) 10時15分

お~、輪島のお椀 それは貴重ですね!
ちゃんとした漆器は何年も使えるので大事に使えば一生物ですよ。剥げても塗りなおしができますしね!

投稿: Shiro | 2009年8月 4日 (火) 12時20分

いなくみさん、こんにちは。
どうもありがとうございます。
おかげさまですっかり体調はよくなりました。
器には物語があるのですね…大事にしたいと思います。
祖母はとても丁寧な人でした。
きっとその椀もとても大切にしていたのだと思われます。
実はその椀は私には見覚えがないのですが、手にすると懐かしいような温かさを感じますheart01

投稿: ami | 2009年8月 5日 (水) 09時54分

Shiroさん、こんにちは。
剥げても塗りなおしができるとは知りませんでした。
ありがとうございます。
古いものなのに今のところ剥げているところはないのですが、少し変色したような(?)箇所が気になります。
わりあい素朴な模様なので、日常に大事に使っていきたいと思っています。

投稿: ami | 2009年8月 5日 (水) 09時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夏のログハウス | トップページ | 東京に帰って »