« 初夏のホームパーティ | トップページ | ジャガランダとジュラシックツリー »

2009年6月 4日 (木)

何もしないこと

じたばたするばかりでうまくいかないことがあります。

やることなすこと全てがうまくいかず、流れに乗っていないな、と思うときがあります。

易経では「何もしないことが最善のときもある」といっています。

もちろん、それは単に怠けることをすすめているわけではありません。

田畑を耕さなくても収穫があること。

思い込みを捨てて、洞察力を持ち、自然に即して生きるなら、本来、耕作や開墾する必要がないという意味のことが書かれています。

作為せず自然の法則のまま任せたなら天は万物を養う、ということです。

時々、成功者といわれる人の本を読んだり、話を聞くと、特別に変わったことをしているわけではなく、「当たり前のこと」を大切にしていらっしゃることに気づきます。

自分の立場にとって当たり前のことを、其の時にすべきことを、ごく自然に、きちんと行うこと。

その大切さ、その重みを自分に言い聞かせ、心を引き締めなければならないと思います。

今月はたくさんの研修会に参加する予定です。

専門分野はもちろん、会社経営に関する研修も数多くあります。

自分なりに勉強の月と位置づけて、できる限り出席し、情報収集と自己研鑽に努めたいと思っています。

勉強することにより、思い込みを捨て、洞察力が磨かれるものと思うからです。

|

« 初夏のホームパーティ | トップページ | ジャガランダとジュラシックツリー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

何かを始めるのも「時期」があるのかな。と思うこの頃です。

1つビジネスを始める予定で動いてたのだけれど、どうも引っかかる部分があり、少し時間と距離を置いてみようか…と。

そうね。今は「何もしない」ことにしましょう。

鳥になっていろんな方面から見て聞いて考えて、結論は急がず…

amiさんのブログを読んで心が落ち着いたkunikoでした。

投稿: kuniko | 2009年6月 4日 (木) 17時52分

kunikoさん、こんにちは。
時を待つことは大切なことだと思います。
易経で「時」というのは、時(時間)、処(場、状況)、位(位置、社会的地位)なのだそうです。
今のこの時、環境、立場にぴったり合ったことをすることが大事だそうです。
そう考えると、「何もしない努力」をすべき時があるのですね…confident

投稿: ami | 2009年6月 4日 (木) 18時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 初夏のホームパーティ | トップページ | ジャガランダとジュラシックツリー »