« シャンパーニュの絵 | トップページ | 苦手な季節 »

2009年6月 8日 (月)

新しい音

エレクトーンが今年、誕生50周年を迎えるそうです。

子供の頃、柔らかい音色に感動して習い始めた夢のような楽器も、年月を経て、格段に音色が変わっていました。

私にとって三代目の楽器は、大学生のときに買ったものですが、今もリビングに置いてあります。

もうほとんど弾くことはなくなったのに、引っ越すたびに一緒に運び、傍においていたい、自分の分身のようなものだったのです。

子供の頃から、置く場所はいつも部屋の中で一番いいところを選んでいました。

私には楽器は優先度の高いものだったので、良い音が響きそうで、弾いていて気持ちがよさそうな明るい場所を選んでいたのです。

たまに蓋をあけて弾くだけの今でも、なぜかその気持ちは変わらなかったのですが…

ようやく、今、新しい機種を買おうと思いました。

今までも何度も夫に買い替えたらと言われていたのですが、どうしてもそういう気持ちになれなくて。

でも、このままここに古い楽器を置いていても、先に進むことができないと思えたから。

納品は週末に決まりました。

納品のときに引き取ってもらうことになった古い楽器には、思い出がたくさんありますが、それはもう記憶の遠いところへ置いてしまいましょう。

長い時間を越えて、今の気持ちで、新しい音を奏でる日が楽しみです♪

|

« シャンパーニュの絵 | トップページ | 苦手な季節 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« シャンパーニュの絵 | トップページ | 苦手な季節 »