« ゴースト | トップページ | 国際経済の勉強会 »

2009年4月17日 (金)

言葉に心をこめて

現在進行中のコンサルの中で、二者の間に入って、話を聞いたり、それを伝えたり、という役割をしています。

もう少し調整ができたら、直接、二者間で話をしてもらうつもりですが、今はまだ、私のような第三者が間に入ってそれぞれの事情を伝えることが大切な時期です。

メールでうまく伝わらなかったニュアンス、間違って伝えられた大事な連絡、それがいつしか大きな誤解を生み出しています。

「そうではないのですよ。」「こういう意味で伝えたはず。」

言葉でうまく表現できなかった気持ちを、意訳するかのように説明しています。

本当はどちらも好意的なのに、今このままの状態で二者を会わせたら、取り返しのつかないことになりそうだから。

伝えなければならないのは、正しいかどうかではなく、気持ち。

今、必要なのは法律ではなくて、心。

そのままの心を、気持を、言葉に現せることができたら、何もトラブルは起きないのに。

何も間違っていることを責めたいのではなく、法律違反だからと訴えたいのではなく。

ほとんどの場合、正しいかどうかはあまり大切なことではないのです。

ただ、あなたの心が、気持が許せないのだと、誰もが思うところから争いが始まる。

だから、どうか、すぐに法を振りかざさないで、間違っていると相手を責めないで、言葉に心をこめて話し合ってほしいと思うのです。

|

« ゴースト | トップページ | 国際経済の勉強会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

amiさんこんにちは。
とても心に響く言葉です。
「言葉に心をこめる」
この言葉を手帳に書いておきます。
PCに向かう時、思いだしたい言葉ですrock

投稿: いなくみ | 2009年4月18日 (土) 10時13分

いなくみさん、こんにちは。
メッセージをありがとうございます。
人は心を伝えたいと思い、心に共感し、心に応えるものなのだと思いました。
人の力は、心の力なのですね。
言葉がときには邪魔をすることもありますが、心の目で見て、心を伝えるために、言葉に心をこめて生きていきたいと思います。

投稿: ami | 2009年4月18日 (土) 12時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ゴースト | トップページ | 国際経済の勉強会 »