« 花びら舞う | トップページ | ショートケーキ »

2009年4月10日 (金)

信じた分だけ人は信じる

“人間と人間はこちらが信じた分だけ相手も信じる”

と、宇野千代さんは本に書いています。

私もそう思います。

まずは自分から信じて、相手に心を開くことから、人間関係は始まるものだと思います。

信じる気持ちは相手に伝わります。

それを相手がどう返してくれるかだと思うのです。

ところが、世の中にはとても疑い深い人がいます。

相手の言葉や行動に、裏があるのではないかと勘ぐって、なかなか人を信じられない人がいます。

当然、相手に心を開くことは難しいのでしょう。

疑い深い人が騙されないかというと、決してそうではないような感じがします。

むしろ、相手を信じる人のほうが、信頼できる人に囲まれているような気がします。

自分の恐れや思いも、同じように自分に返ってくるような気がしてなりません。

監査論を学んだとき、「健全なる懐疑心」という言葉がありました。

監査は疑うことのようなイメージがありますが、それは何もかも疑うことではないのです。

ここで、「健全」という表現は、科学的、理論的な分析に基づいたものと理解します。

数字を分析する中で、取引の流れの中で、当然に分かり得る異常値に気づくことをいうのだと思います。

たまに会計士が、「会計監査は疑うことが仕事で…」などと冗談を言うことがありますが、それは信じる、信じないとは次元の異なることです。

人を信じるのと同じように、もう少し自分の未来を強く信じられたら、未来も自分に確かなものを返してくれるのかもしれません。

|

« 花びら舞う | トップページ | ショートケーキ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 花びら舞う | トップページ | ショートケーキ »