« 国際経済の勉強会 | トップページ | 新緑の週末 »

2009年4月19日 (日)

人の力

人の力は、心の力なのだと感じたとき、その強さに圧倒されました。

それは腕力や権力やお金ではまったくかなわない、圧倒的な強さ。

たとえその人が今は未熟だとしても、命がけで私心の無い、真っ直ぐで誠実な姿勢に触れると、人は打ちのめされてしまうものだと。

私は今まで人の力というものを、よくわかっていなかったのかもしれません。

多くの場合、表面的には、能力とか、地位や権力とか、経験などで、その人の力を推し量ります。

そして人は、その中で少しでも他人より強くありたいと願います。

しかし、そう願う人であっても、打算のない誠実さだけの、本気の行動力を伴った、無防備な心に触れたとき、人はその人を受け容れざるを得ない力を感じるものなのだと思いました。

もしかしたら、提示された書類だけでは勝ち目がないことも、

普通に淡々と事実だけを並べて話し合っていたら争いになり、許せなくなることも、

すべてわかった上で、でも、あなたなら応援してもいいよ、と思わせる人の力。

だから人間って素晴らしい、人生って面白いのだと、感動する自分がいます。

人の力は、心の力。

心をこめるということは、生きる姿勢で示すこと。

たぶん、どんな大きな事業であっても、それを動かしたのは、人の心の力なのだろう、

そして、やはり、得難いものも、人の心の力なのだろうと、思うのです。

|

« 国際経済の勉強会 | トップページ | 新緑の週末 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 国際経済の勉強会 | トップページ | 新緑の週末 »