« 自信がないだけのこと。 | トップページ | 言葉に心をこめて »

2009年4月16日 (木)

ゴースト

普段あまりTVは見ないのですが、先日、たまたまつけたTVのドラマがなんだか面白くて引き込まれ、途中から最後まで20分位、見てしまいました。

ゴーストが見えるようになった女子高校生が主人公のドラマです。

人にとりついて悪さをするゴーストが言います。

「生きているときは誰かに遠慮したり、勇気がなくて、やりたいこともやれずにつまらなかった。でも、今は何でもできるから、生きているときよりずっと楽しい。」

「でも、それはあなたの人生じゃない!」と、主人公は叫びます。

ゴーストは他人の体を借りているから、思い切ったことができて、楽しいという。

生きているときには、勇気がなくて出来なかったことを思い切りできる。

失敗したり、嫌になったら、その体から抜けてまた別のことを探せばいい。

いいとこどりで、やりたいことが思い切りできる。

多くの人は、やりたいこと、思ったことの半分もできずに生きているのでしょう。

いつの間にか自分で作りあげた“自分の型”から抜け出すことができずに。

思い切って何かをしてみたら、取り返しのつかないことになったり、傷ついたりするのかもしれません。

でも、新しい世界が開けたかもしれないのです。

ここで、「新しい世界が開けたかもしれない」と思うことが…後悔です。

誰が言ったことだったか忘れてしまいましたが、

“ やったことはたとえ失敗しても20年後には笑い話にできる。

しかし、やらなかったことは20年後には後悔するだけだ ”

という言葉があります。

ゴーストたちは後悔しているのでしょう。

人生が終わってから、生きがい(生きてないのに?)を見つけて楽しいなんて、なんだか哀しい。

また、ドラマの中で、若い女性のゴーストが叫びました。

「私はまさかあのとき、死ぬなんて思っていなかったのよ!」

人間は、年齢にかかわらず、置かれた状況にかかわらず、実はいつ何が起こって命を落とすかわからないところに生きているのです。

当然のように続く毎日と思って過ごしていますが、それは違うのだと改めて気づかされました。

いつか、こうしよう。今はもったいないからもう少し先までとっておこう。…

割合、楽しみをあとにとっておきがちな私ですが、その考え方で生きていると悔いが残ってゴーストになっちゃうかな、と反省。

もし、今日しか生きられなかったら?

…時々、そんなふうに考えながら過ごしたいと思います。

|

« 自信がないだけのこと。 | トップページ | 言葉に心をこめて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

aimさん こんばんは

失敗しても20年後には笑い話・・ 
やらなかったことは20年後には後悔・・

そうですね 何事にも失敗を恐れていてはいけないですね 
今を大切にして チャレンジして行かなくては・・

投稿: 雪之華 | 2009年4月16日 (木) 22時19分

雪之華さん、こんにちは。
そうですね。今を大切にすることは未来を大切にすることなのですね。
「あのとき、もう少し勇気があったら」と思うことはとても辛いことです。
とはいっても、恐くなって足がすくむような思いをするときもあります。
だから私は、この大好きな言葉を手帳に書いて時々目にしては自分を励ますようにしています。

投稿: ami | 2009年4月17日 (金) 14時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自信がないだけのこと。 | トップページ | 言葉に心をこめて »