« 土佐文旦と鴨すき | トップページ | エントランスの花と雛祭り »

2009年3月 3日 (火)

謙遜と挑戦

長年お付き合いしているB税理士は、とても謙虚で礼儀正しく、信頼できる人です。

時々、彼にふさわしいと思う仕事を紹介することがあるのですが、「自分の力ではとても…」と謙遜されることが多いのです。

決して嫌で断っているのではなく、本当に自分の力が不足していると思い込んで辞退していることがわかります。

そういう人だからこそ、引き受けてほしいと思って勧めるのですが…仕方がありません。

もったいないな。と思うことがあります。

自分の力はまだそこまで到達していないのに、いとも簡単に引き受けて、結局、力が及ばずに途中で投げ出すようなことではお話にもなりませんが、Bさんの場合は、ほんの少し、勇気を持ってくれたら、もう少し世界が広がるだろうに…と思うのです。

誰もが最初は挑戦なのだと思います。

仕事の場合にはお客様があることなので、たとえ初めてであっても間違いは許されませんから、リスクを考慮して、初めは儲けを残そうとは考えずに時間をかけ、先輩や専門家の知恵を借り、十分な対策を練って、取り組むものです。

そして初めての仕事を完成させたら、その達成感と確かな経験をもって、次のステップに進むことができるものだと思います。

自分のできる範囲のことばかりしていても、なかなか成長は望めません。

もしかしたら、神様は時々、ちょっと負荷の重い課題を与えて、それに挑戦し成長するチャンスをくださるのかもしれません。

それはいくつになっても、どんなにベテランになっても、そのレベルに応じて、きっと…。

恐れることなく大胆に、そして細心に、挑戦する心を持たなければと思います。

|

« 土佐文旦と鴨すき | トップページ | エントランスの花と雛祭り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 土佐文旦と鴨すき | トップページ | エントランスの花と雛祭り »