« 客観的に見るということ | トップページ | ふかうら雪にんじんジュース »

2009年2月25日 (水)

伝える力

世界中のブログの中で、日本語で書かれているブログが一番多いということを聞きました。

日本人は面と向かって思ったことを十分に伝えられない分、外に向かって自分を表現する手段として、ブログを利用する人が多いのかもしれません。

若い頃、自分が思う自分の姿と、他人から見える自分の姿のギャップに悩んでいました。

外からはおとなしく見えるようなのですが、本当の自分は、向上心が強く、目標に向かって挑戦したい、いつも夢見る少女でした。

特に親元を離れて東京に来てからそのギャップが大きく、私自身、一人暮らしはちっとも淋しくもなんともなく楽しく過ごしているのに、新しい友人達は私を危なっかしく思うのか、あれこれ心配してくれました。

ありがたいことでしたが、どうしてそんなふうに映るのだろうと不思議で、自己嫌悪を感じる日々でしたdespair

そんな私が唯一、自分を率直に表現できるものが、楽器の演奏でしたnotes

子供の頃から習っていたエレクトーンを弾くときには、新しい友人達も別人のようだと驚いてくれましたが、それは最も自分らしさに近いものだったのです。

演奏しているときは、楽しくて楽しくて、ついつい元気に力強く(?)演奏してしまう私に、大学の友人は驚きながらも、「そういう表情で勉強もしてよね」なんて、冗談を言ってくれました。

その頃、ロックバンドでキーボードを弾いていたのも、私にはごく自然のことで、外観から意外だと言われても、私にとってはしっくりいく心地よいものだったのですhappy01

演奏家のプロを目指していたとき、指導の先生に、

「演奏していると人が変わったように見えるけど、それがあなたの本当の姿なのでしょう。もっと普段の生活でも本当の自分を表に出すようにすればいいのに。これから演奏家になるにしても、他の仕事をするにしても、自分を押し出せないと仕事はできないよ。」

と言われました。

そういわれてもどうすることもできず、私はただ、演奏するときの自由な表現にのめりこんでいきました。

完全な自己満足。誰が何と言おうと、唯一、自分らしくなれるものと思い込んでいました。

今では、若かったなぁ~と、とても懐かしく思えます。

そして、年齢を重ねることは、ありがたいことだと思います。

今の私に、そんなことを言ってくれる人はいませんし、悩むこともありません。

歳月が貫禄(?)を作ってくれるのでしょうね。

年をとるのも悪くないです。

でも、表現力ということを考えると、今もあまり変わりないかな、と反省するのです。

思いをすべて正確に伝えることが難しいから、私もブログを書きたくなっているのかもしれません。

きちんと相手に伝える力をつけるために、しっかり考え、学ばなければならないと思います。

|

« 客観的に見るということ | トップページ | ふかうら雪にんじんジュース »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

amiさんこんにちは。
伝える力。。。。
いつも企画書を書いてはため息をつき、
この内容で伝えられるのかと悩みます。
自分ができることを伝えることの難しさを、
企画書という書き物を通して痛感しています。

投稿: いなくみ | 2009年2月27日 (金) 17時25分

いなくみさん、メッセージをありがとうございます。
本当に、相手に自分の伝えたい内容を正確に伝えることは難しいですね…
だからこそ、自分の思いが通じて共感してもらえたときの喜びも大きいのかもしれませんheart01

投稿: ami | 2009年2月27日 (金) 18時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 客観的に見るということ | トップページ | ふかうら雪にんじんジュース »